*All archives* |  *Admin*

2018/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
『試してみない?』
先日に引き続き、
トレンドカラーのご紹介。

ご紹介しております、
2018年秋冬向けのトレンドカラー情報。

今日は、メイクアップカラーです。

2018AWメイク20180331

メイクのトレンドは、
さほど大きな動きがないように感じますが、
これはこれで流れがあるようです。

2018年秋冬向けは「自由な発想で楽しむメイク」

「ナチュラルメイクをベースとし、
エッセンスをプラスして個性を表現」

タイトルは「Try?」で、
「『試してみない?』という問いかけの意が込められている」そうです。

カラーパレットは4つ提案されてます。

1、インヴィジブル

ダークでありながら輝きもあるカラーグループ。
ブラック、ブラウン、グレー、グリーンなど。
内面の強さや個性を際立たせる最も挑発的なカラー。

2、タイムレス

時を経ても永遠にかわらない美しさを表現するカラーグループ。
ディズニーのプリンセスのようにエレガントで可愛い女性をイメージ。

3、ミラー

メタリックを中心にツヤ、輝きが重要なカラーグループ。
ブロンズのような鈍い輝き、鏡面効果、トロリとしたツヤなど。

4、ストレンジ

遊び心を解放するカラーグループ。
水色+レッド+テラコッタなど、
カラーコーディネートセオリーなどを気にしない
意表を突く組み合わせ。

なるほど。

「輝き」が何回か出てきてますね。

ギラギラした感じじゃなく、
鈍い輝き感とか光沢感がポイントのようです。

4番の「意表を突く組み合わせ」は面白そうですな。

個人的には好きなイメージです。

配色を考える時、
色みだけで考えてしまう場合が多いですよね。

違う色みを組み合わせる場合、
一番簡単な方法は、
面積に差をつけること、です。

メイクの場合は、基本的に面積が小さいですし、
挑戦しやすいかも、です。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「スタンスー部屋と私」
昨日に引き続き、
トレンドカラーのご紹介。

今日は、
2018年秋冬向けのプロダクツとインテリアカラーです。

2018AWプロダクツ20180325

「時代は目まぐるしい速度で変化し、
個々人の時間もかつてよりずっと速く行き過ぎるのではないか」

「下界の流れと距離を置いた静かな空間で、
穏やかな状態で居られる空間、
自分の本心と語り合う時間が、
現代人には必須と言えるかもしれない」

ということで、
「2018年秋冬に向けて、
自分と部屋の関わりをテーマとした」

テーマは「スタンスー部屋と私」だそうです。

うーん。

確かにあれこれ忙しい毎日。

「自分の本心と語り合う」って、
あまり出来てないですかね。
(ほんとは、しなきゃなんですけどね)

この時間と空間を確保するのは、結構難しい。

ちょっと意識して空間作りをしてみるのも、いいかも。

カラーパレットは4つ提案されてます。

1、甘え

自分が自分でいられる、静かで、穏やかな空間。
自分を甘やかしてもいい部屋向けカラー。

甘すぎないペールカラーと、柔らかさのあるダークカラー。

2、眠り

無限の夢の中へ誘う、
暗い空間を作るためのカラーグループ。

色に深みを表現できる素材や干渉効果など。

3、和み

温かい気持ちになるカラーグループ。

光沢のある薄い絹、繊細に描かれた絵のような表現。

4、気取り

多用途に使われる「場」でありながら、
個性を感じさせる空間を作るための色。

濃く、癖のある色で構成されるが、
形はシンプルに。

カラーグループごとに、かなり色調が分かれてますね。

提案にあったように部屋ごとにカラーリングしてもいいですし、
アクセントカラーとして、混ぜてもいいと思います。

自分が「心地よい」と感じるのが一番ですからね。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「Anglophilia(アングロフィリア)」
今日はトレンドカラーのご紹介。

2018年秋冬向けのメンズウエアです。

2018AWメンズ20180324

先日ご紹介したのは、レディースウエア。

日本流行色協会さんは、
世界的な流行色会議「インターカラー」で決まった流行色を、
国内向けに再検討し、
カテゴリー別に提案しています。

今日ご紹介するのは、
メンズファッションの提案です。

さて。

テーマは、
「Anglophilia(アングロフィリア)」。

アングロはラテン語で「イギリス」、
フィリアはギリシャ語で「友」だそうで。

「今シーズンのファッショントレンドとして注目される
ブリティッシュ回帰を主題」としたそうです。

カラーパレットは5つ提案されてます。

1、ミッドナイト・キャッスル

シーズンのメイントレンドを形成するカラーグループ。

今シーズン注目の
インダストリアル・ドレススタイル等の
工業的なハイスペック感を内包した
エレガントなドレススタイル。

2、アイリッシュ・ペール

ナチュラルな色調でありながら、
澄んだ穏やかなニュアンスのペールトーン。

3、トルーピング・ザ・カラー

バッキンガム宮殿の近衛兵の衛近服として有名な
トルーピング・レッドを中心としたミリタリーカラーグループ。

4、スコティッシュ・ナチュラル

シーズントレンドのベース。

スコットランド南部のなだらかな丘陵や平野。

5、ヴィンテージ・メタリック

ハイテク素材による
ケミカルでメタリックなカラーニュアンスと、
一方でナチュラルな天然表情を
内包したメタリカルなカラーニュアンス。

ふむふむ。

レディースファッションと比べると、
かなりダークな色調が多いですかね。

淡い色調も濃いめな雰囲気で提案されてます。

「ミリタリー」トレンド続いてますね。

いかにも「ミリタリー」なカーキ系の色調から始まり、
今シーズンは、少しかっちりした、
伝統的な「ミリタリー」に移行するようですな。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「なめらかでつややかな質感」
先日に引き続き、
トレンド情報のご紹介。

2018年秋冬向けのレディースウエアです。

2018AWレディース20180314

ちょっと整理ですが、
日本流行色協会さんでは、
トレンド情報をカテゴリー別に紹介してます。

先日ご紹介したインターカラーは、
全体的な方向性の提案。

レディースウエア、メンズウエアは、
ファッション向けの提案。

そのほか、
プロダクト&インテリア、メイクがあります。

カテゴリー別に部会もあるようで、
未来予測は難しいんだろうなーといつも思います。

さて。

今日はレディースウエアのご紹介。

テーマは、
「PALPITATION(ときめき)」だそうです。

「国内ファッションの消費は、
SNSによる情報蒐集やネットショッピングなど、オンライン化が浸透」

「しかしファッションが合理化されるほど、
着ることのライブ感や
おしゃれをすることの生き生きとした感情が大切にされるのではないか」

といった議論の後。

「素材に触れ、袖を通し、
街に出て、人と交流する事から生まれる感情を大切に」

「服を着るという、
人間だけがおこなう行動から生まれる情感」を表現したそうです。

ふむふむ。

デジタルとリアルって、
いつも行ったり来たりな感じがします。

トレンドも、
一旦デジタルに寄ると、翌年リアルになったり。

人間の矛盾したところが出てるのかな。

カラーパレットは3つ提案されてます。

1、芸術、技術

紫系、青系を基調とする、
クールで現代的パレット。

2、遺産

古びたタペストリーや壁紙、重厚な織柄カーテン、
熟した果実や古びた植物、ゴールドや金属の鈍く重い質感など。

3、詩歌、詩情

冬のペールカラー。
ロマンティックで、肌感覚の甘い気分を誘う。

ふむふむ。

「冬のペールカラー」も定番になってきましたね。

「粉っぽさ」が特徴のシーズンもありますが、
2018年秋冬は「なめらかでつややかな質感」だそうです。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
2018年秋冬は。
今日はトレンド情報のご紹介。

2018年秋冬向けのインターカラーです。

2018AWインターカラー20180311

インターカラーは、
国際的な流行力会議で決まる流行色で、
「春夏向け」「秋冬向け」と年2回開催されてます。

現在の加盟国は16カ国だそうです。

今回のテーマは「What’s Real」

「現実にはない、
目にしたことのない表現」だそうです。

全体的な特徴としては。

1、一見黒に見えるほどのダークカラーに注目

2、明るめグレイッシュカラー

3、濃く、ノスタルジックな雰囲気を持つ
落ち着いたオレンジ系からダークレッド

4、液体のようなメタル、ふわりと軽いメタル表現

なるほど。

1番は、
「ティントブラック」「オールモストブラック」
「オフブラック」などと呼ばれる色域。

続いてますな。

グレイ系カラーも明るめがポイント。
選ぶなら、穏やかな明るグレーを。

続いてカラーパレットの解説。

1、月光に浮かぶ風景

冷たく神経質な月の光を想わせる淡いイエローとブルーが
アクセントカラー

2、適度な色の強さを持った明るいグレイッシュカラー

磨かれたプラスチックの艶、
構成素材で作られた肉質的な形状など

3、暖かい風合い

温かい空間の懐かしい色柄、
過去の名画や工芸を最先端技術で再生する

4、初期のプラスチックの色

技術開発は進む前、
まだ自在に色表現できなかった頃の色

5、時代を超えて残されるもの

人肌の色になじむ、明るいグレイッシュカラー


6、一風変わったメタリック

奇異なメタリック調
千変万化する色

ふむふむ。

秋冬向けにしては、
ふんわりとした色調が多いですかね。

最近の傾向は、
あまり季節感を加味しない印象ですな。

少し前話題になったブラウン系、
ひと段落ですかね。

ベースカラーは、
オフブラック系と明るめグレーかな。

ご参考までに。

ではでは。

次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード