*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
イエロー、オレンジですかね。
先日に引き続き、
トレンドカラーのご紹介。

2018年春夏向けの
海外トレンド情報です。

2018SS海外トレンド20170713

全体傾向としては、
「明るいトーン中心」
「有彩色系が増加」
「大胆な配色」だそうです。

ふむふむ。

「大胆」というキーワードは、
日本流行色協会の提案とも一致してますかね。

国内も海外も、
トレンドは似たような感じで推移することも多いですからね。

「意表をつく大胆な配色」が、
共通ポイントのようです。

次に、
個別のポイントカラーに関しての解説をご紹介します。

1、ペール、ライトカラー

色みに偏りはない。
ロマンティックなパステルというより、
デジタルや光のイメージ中心

2、ベーシックカラー

グレーやベージュはペール、ライト等の明るい色との組み合わせ
グレイッシュなブラウンが増加

3、マルチカラー

多彩な色相、トーン。
高明度色やメタリックカラーのアクセントも重要

4、ディープ、ダーク

サマーダークも継続
明暗コントラストにて

5、イエロー、オレンジ

イエロー系の提案が最も増加
ビビッドオレンジも人気

6、グリーン、ブルー

グリーンはブルーグリーンへ、
ペール、ライトが中心。
ブルーはペール、モデレート、
クールムードのグループを

7、パープリッシュカラー

ペール系が増加
ビビッドパープリッシュレッド、ペールパールが増加

なるほど〜。

注目色はイエロー、オレンジですかね。

定番のグリーンは青みがポイントで、
パープル系は色調がポイントのようです。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
2018年春夏インターカラー
今日はトレンドカラーのご紹介。

2018年春夏のインターカラー情報です。

2018SSインターカラー20170711


インターカラーは国際流行色会議。
今回は中国上海で行われたようです。

各国代表からのコメントでは、
「何が起こるか分からない時代」
「激しく変わるさなか、従来の枠組みは通用しない」などなど。

そんな時代背景の中、
2018年の色彩傾向は、
「これまで設定されていた制限、境界がナンセンスに」
「揺れる時代を乗り切るために、強いパワーが必要」
「奇妙、奇抜、エキセントリックな物、人、デザインが登場」

その一方で、
「自然界に秘められた強さと儚さが注目される」
「詩情豊かな光と風に揺れる繊細な表現が注目される」
とのこと。

変化もありつつ、
変わらないものへの憧れもある、
そんなところでしょうか。

2018年春夏のテーマは、
「Shaking The World(揺さぶられる世界)」

カラーグループは4つ設定されてます。

1、ヒューマニア

ダークカラーとディープカラー主体。
人と人との関わり合い、
人と生き物との関わり合いの中で生まれる文化、交流を
想像させる温かく深い色。
自然風景に見られる色。

2、ハイパーバリ(誇大表現)

色の鮮やかさをエキセントリックに、大胆に、
誇張した表現を作るためのカラーグループ

3、パーフェクト・インパーフェクト(完全な不完全)

人の身体に見られる色とデジタル信号をイメージさせる色とで
組み合わせることを表現

4、タフ・バット・フレイル(タフだが儚い)

強さと弱さを併せ持つ表現

ふむふむ。

春夏に暗めの色調が提案されるのも、
違和感がなくなってきましたかね。

以前は「サマーダーク」と言っていた気がします。

逆に、秋冬にパステル調が提案されることもあり、
こちらは「ウインターパステル」

ファッションで季節感表現するというもの、
少なくなってきましたかね。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
ローマ字で「暴走族」
今日はトレンドのご紹介。

2018年春夏の、
ニットヤーン、ファイバーの展示会情報です。

2018SSピッティ20170704

展示会は、
「ピッティ・インマージネ・フィラフィ」

イタリアのフィレンツェで開催されます。

今回のテーマは、「旅する心」

「日常を離れて、
自由な妄想や行動を大事にするコスモポリタン、
ロマンチシズムがテーマ」だそうです。

提案されたカラーは、
9つのグループ、42色だそうで、
「会場は光り満ち、春爛漫のようなまぶしさだった」そうです。

ほほぅ〜。
華やかだったんでしょうね〜。

機会があれば、一度お邪魔してみたいところ。

さて。

注目点としては「機能向上」

「天然糸はもちろん、人工繊維とのミックスで、
さらに機能と美しさを改良している」。

また、
「日本の和紙を原料とするヤーンが発売されるなど、
各社新素材の開発に力をいれている」とのこと。

なるほどですね〜。

面白いと思ったのは、トレンドコーナー。

マネキンさんが展示されているようですが、
なんと、
ローマ字で「暴走族」
と書かれていたそうです。

うーん。
意味を知ってて使っているとは思うのですが。

解説では、
「日本の伝統文化と現代の喧騒のギャップを暗示」と締めくくられてまして。

へー、そーなんだ、
な感覚。

ふふっ。
ちょっと面白い。

さて。

ご紹介してきたトレンド情報ですが、
やっと春号が終わりました。

次回から「夏号」になります。

のんびりですみません。
またゆるーくお付き合いくださいませ。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
イタリアン〜。
今日はトレンドのご紹介。

2017年秋冬向け、
皮革素材展示会「リネアペッレ」情報です。

2017ZWリネアペッレ20170630

この展示会はイタリアで開催される展示会。
皮革素材では世界最大級だそうです。

規模が縮小傾向にあるようですが、
最大規模というのは変わらないとのこと。

気になるカラーの傾向は、
3つにまとめられてます。

1、モダンなニュートラル

黒からペール(淡い)グレーまでの色域。
スモーキーなオフブラックが存在感。

2、濃密なブラウン

ディープなブラウン、キャメル、
オレンジ、赤みのテラコッタ。
ブラウンの広がりが多彩。

3、微妙なニュアンスのあるカラーリング

クリーンなヴィンテージカラー。
ミディアムなグレー、オーク、ココア、キャメル、
オフホワイト、ピンク等。

なるほど、ですね。

ファッションのトレンドと連動して動いてますかね。

シューズやバックのトレンドでは、
エレガンス化とスポーティ化が進んでまして、
その両極を刷新させる色と素材が求められているようです。

解説によると、
「イタリアの職人力が際立つ」とのこと。

その国その国によって、
得意分野がありますからね。

手伝いにいってるお店(ブティック)でも、
イタリア製の小物が人気だったりします。

先日イタリア製のアクセサリーを拝見させて頂く機会がありましたが、
かなり素敵で、
欲しくなる〜(笑)。

ま、お値段もいいんですけどねー。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
そうか、ブラックか。
今日はトレンド情報のご紹介。
2016年下半期の家電販売傾向です。

2016下半期家電20170616

まずは携帯電話から。

「質感の違ったブラックの展開」
「色みの加わったゴールドに注目」

解説によると、
ベスト10は全てスマートフォン。

うち半分はiPhoneだそうです。

iPhone人気、すごいですね。

先日パソコン(Mac)を買いに行った際も、
「(パソコンがMacだと)当然iPhoneですよね」というような言い方をされまして、
iPhone人気があるんだなーと思った次第であります。

携帯電話のカラーシェアにも影響を与えるiPhoneですので、
iPhoneの新色には注目が集まります。

経年変化で見ると、ブラックが増加。
これはiPhone7の2色がブラックという影響らしいです。

ゴールド系に関しては、
「ライムゴールド」「ローズゴールド」など、
「色みの加わったゴールドという表現に新しさ」だそうです。

続いて、フィットネス関連。
「フィットネストラッカー」の集計です。

「フィットネストラッカー」とは、
「腕や腰につけて身体活動量を記録するウェアラブルの健康管理機器のこと」

健康志向が高まってますからね。
要チェック分野と言えますな。

売れ筋商品は、
「カラフルで独特なカラーバリエーションのFITBIT(アメリカ)が半数」

トップはブラックで「5割以上を占める」
「続いてブルー」とのこと。

注目色は、
「ゴールドやブロンズ」

「スマートフォンのゴールド人気などの影響もあるのだろうか」

うーん。
どうでしょ?

影響がある気がします。

小型の家電製品は
トレンドカラーを反映しやすいですしね。

買い替えも早めなので、
割と手気楽に選べるし。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード