*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「希望の王国」
今日は本のご紹介。

「希望の王国」
高橋佳子著
三宝出版

先日本屋さんで目に止まった本。
表紙の写真が特徴的で、
思わず買ってしまいました。

内容は、「3.11」の関するもの。
写真と詩が入ってます。

この手の本はあまり読まないのですが、
書いてある「詩」が心に刺さりそうだったので(笑)。

著者は、
「幼少の頃より、・・・
魂を抱く存在であることを体験し、
『人は何のために生まれてきたのか』
『本当の生き方とはどのようなものか』」
という追究をされてきた方。

現在では、
「執筆、講演活動を展開」されていて、
セミナーな著作も多数。

書かれている文章も、
はっとすることとか、
すんなり心に入ってくることとか、
ちょっと不思議な感覚です。

一番心に響いた文章は、こちら。

「世界に生きるものたちよ。
限りある時を尽くして、
自らの歌を謳え」

「たとえ生まれることが、
血と土地に縛られ、
時代に呑み込まれることでも、
たとえ歩むことが、
試練を背負い、
かなしみと出会うことでも」

「君たちは、
未来をつくる種子。
希望を運ぶ翼である」

一部抜粋ですが、
深いというか、重いというか。
ちょっと心に痛い感じ。

でも。
不思議とがんばろーと思えます^^

表紙はほぼ白黒写真に、
白抜きの文字。
赤文字の副題入り。

個人的に好きな配色ですが、
赤が小面積のため、元気感が少ない。

読み終わった後、
この赤は、「元気」なイメージよりも、
「血」「生命」を象徴してるように感じました。

帯は鮮やかな黄緑でして(画像出てないけど)、
葉っぱが出るような、何かが始まるような、
ちょっとだけ期待が持てそうな色。

この黄緑がなかったら、
ちょっと怖い印象のデザインですな。

ではでは。
次回もお楽しみに^^





※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード