*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「小さな会社の[一人前]社長業

こんばんは、村山紫音です。

今日は、本のご紹介。
「小さな会社の[一人前]社長業」
石野誠一著 明日香出版社

著者は約7年のサラリーマン生活の後、起業され、
4社の会社を立ち上げた方。
各地の商工会議所などで講演もされているようです。

読み始めて、すぐに「え?」と思った箇所。
「社内テストで『モノの考え方』を共有する」

会社でテストというと、
ビジネスの常識とか考え方だと思うのが普通じゃないですか?

違うんです。
よく考えたら当たり前のこととか、日常的なことをテストするんです。

・社長の能力:
 強い影響力があるだけに、幹部や社員さんの努力を「?」にしてしまう。
 自分が最大の「?」になっているにもかかわらず、他の者を責めまくる。
・社員の士気:
 トップに欠陥が多く、幹部が無能で、社員だけが「?」旺盛はありえない。
 社長は悪いのは幹部、社員だと思い、それらを変えることに腐心する。
 責めまくるので、社内は沈静化し、上からの「?」人間をつくる。
・小さな失敗の蓄積:
 「?」の原因分析がない。したがって原則が確立されない。
 「?」と「失敗」はちがう。
 ポカ「?」は共有の教訓にならない。

皆さん、答え分かりますか?

テスト?
余裕でしょーと取り組んだのですが、全く分からず・・・。
分かっているつもりでしたけど、まだまだでした・・・。
(あ、答えは一番下に載ってます)

あと、「決め方」についての記載は参考になります。
〈通則1〉すぐに決めて部下の待ち時間をたちきれ。
 そうそう、指示待ちで時間が空いちゃう事とか、ありますよね。
〈通則2〉勢いにおされて決めると失敗する。
 うーん、衝動買いとかが、これでは・・・?
〈通則3〉決めないことも決め方の技術のうち。
 やらなきゃと思って、やらずにおいたこと。
 振り返ってみると、やると決めなくて良かったこともありますよね。

勉強になりました^^

表紙は白地に黄みのある赤。一部黒と青。
この赤は、軽く、明るく、手に取りやすい色です。
部分的に使われている黒と青が、「しまり感」を与えています。
さっぱりした文章と合っていますね。

※あ、テストの答えです。
?:帳消し
?:ネック
?:士気
?:指示待ち
?:失敗
?:ミス




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

社内テストで『モノの考え方』を共有
このテスト、簡単そうで、... 結構できませんでした。
答えを見れば、そうそう、と思うのだけれど。

こういうテストを、会社でやるんですね?
新人教育研修のなかでなら、あり、かもしれませんね。
(といいつつ、新人の頃というのは、もうはるか昔なのに、
 このテスト、あまりできなかった...)

興味深いお話、ありがとうございました。


テスト
haruさん、コメントありがとうございます。

こういったテストを、社内の価値観を共有するために、行っているようです。
その会社さん独特の社風もあると思うので、
ちょっと難しいですよね。

いつもありがとうございます。
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード