*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
色彩学会全国大会の初参加
こんばんは、村山紫音です。

今日は、以前ご紹介した日本色彩学会の全国大会の初日。
初参加してきました!!デビューです。
(と言っても、聞くだけ、見るだけなんですけどね)

場所は慶応義塾大学の日吉キャンパス。
今日は土曜日なのに、学生さんもいっぱい。

やっぱ若いなー、学食って懐かしい、などと関係ないことを感じながら会場入り。

うん!!
面白かったです。
勉強になりました。

遊色会大川さんの発表も良かったです。
内容も良かったですし、堂々とした話し振り。
うーん、すばらしい!!

あと、学会って、すごいなーと思いました。
何がすごいかと言うと・・・。

1、私には理解できないくらい、非常に専門的な研究をされている方が多い。
 (何とか分析とかがいっぱい出てきた。うーん、勉強不足・・・)
2、大御所さんがいっぱいいらっしゃる。
 (あ、あの人名前聞いたことあるとか)
3、思ったより知人に会えた。
 (割と狭いカラービジネスの世界)

いろいろな発表を拝見させて頂きましたが、
一番面白いと感じたのは、「歌麿の色彩」というセミナー。

NHKの近藤史人さんが講師をされたのですが、
ボストン美術館で保管されていた浮世絵をプロジェクターで映しながらの解説。

結構残ってるんですよ、色が。
赤とか紫とか。
感動ですね。

歌麿はもちろん、写楽とか国政の話も出てきて、
「へー」とか「ほー」とか、「なるほどー」とか。
かなりリアクション大きくなってしまいましたね。

年1回開催される全国大会。
予定があえば、また来年も出かけようと思ってます。

ちなみに本日は遊色会の定例会の日。
夜は、遊色会メンバーと懇親会でした。
危うく終電に乗り損ねるところでしたが、こちらも楽しかったです。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

面白かったですね
当日は、ご静聴ありがとうございました(笑)
初めての全国大会、私もとても勉強になりました。

私も結構 知人に会ったり、
「あ、あの人知ってる」(一方的に知ってる)なんてことも多々あり、
カラー界の狭さをつくづく実感しました。

全国大会は、関東支部・東海支部・関西支部が交代で開催しているそうです。
来年は東海地区での開催となるようですよ。
色彩学会全国大会
コメントありがとうございます。
発表、お疲れさまでした!!

そうですね。
カラーの世界は、割と狭いですよね。
専門職ってことでしょうかね。

来年は東海地区ですか。
どんな内容か、今から楽しみです。
次は!
紫音さん、こんばんは。

色彩学会の全国大会って、自分が想像しているもの(自分が学生の頃参加したことのある、電子情報通信学会の全国大会)と似ているでしょうか。ちょっとわかりませんが、聴講(いわゆる、見学)も何回かしましたが、発表も、かつて昔(笑)、何回か、あります。

今回の聴講で、刺激を受けたなら、次回は、というわけにはいかないかもしれないけれど、いつかは、”発表”を目標にされてはいかがですか?

緊張もするかもしれないけれど、得られるものも大きいかも。(そのあたありは、この上の大川さんからいろいろ聞けているのですね!)
発表?
haruさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

色彩学会の全国大会では、「色覚(色はどう知覚されているか)」「景観(建物や町並みの色)」といった発表の他に、ポスター展示などがありました。

haruさまは、発表をされたことがあるのですね。
すごいです!!
緊張しませんでしたか?

発表を目指すというのも良いですね。
まだまだ、いっぱい勉強しなくてはなりませんけどね・・・。
特に緊張しすぎるのを何とかしなければ。

大川さんは、色好きの仲間と作った「遊色会」のリーダーですし、カラービジネスの先輩です。
いろいろ教えて頂けるので、とても頼りにしています。
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード