*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
「『もうイライラしたくない』と思ったら読む本」
今日は本のご紹介。

「『もうイライラしたくない』と思ったら読む本」
心屋仁之助著
中経出版

心理カウンセラーの
心屋(こころや)さんシリーズ第2弾です。

この人の本を読むと、
すごく心が軽くなります^^

目次はこんな感じです。
1、イライラする原因を理解する
2、イライラの止め方
3、部下、上司、子どもに
 イライラしたとき、どうするか

たとえ方が上手いので、かなり分かりやすい。
さくっと読めちゃう本。

内容を簡単言っちゃうと、
「〜しなければならない」
「〜してはいけない」

こんな自分ルールでガチガチになってると、
ちょっとしたことでイライラする。

しなくてはいけないこと→「〜しなくてもいい」
してはいけないこと→「〜してもいい」

自分ルールを取り払うと、
心が軽くなって、気持ちに余裕ができる。

そうすると、
「ま、いいか」となるので、イライラしない。

一番じーんときた言葉は、
「傷ついてもいい」

人間関係って、ちょっとしたことで
すれ違いますよね。

自分の思いを素直に伝えればいいのに、言えない。
相手の言動が気になるけど、理由を聞けない。

あれこれ考えたけど、実は取越苦労だったり。

自分の感情を素直に伝えることが大切だそうです。
(伝えないと自分の中に怒りが溜まっていく)

「嫌なら嫌と言っていい」
「ちゃんと言おう」
「言っていいんだよ」

「傷つくことを避けないで、ちゃんと、傷つこう」
「ちゃんと、嫌な思いをしよう」
「ちゃんと、感じて終わらせよう」
「ちゃんとイライラしよう」
「傷つくことを許そう」
「傷ついているのはあなただけじゃないんだ」

うんうん。
久しぶりに心に触れる言葉に出会いました。
興味ある方は、ぜひ^^

表紙は淡いピンク系(ほとんど白)の背景に、
朱色、黒の文字。

「イライラ」って、赤を連蔵させますね。
イメージと文字色がマッチングしてます。

中央には特徴的なパンダのイラスト。
ちょっとすねてる感じ。

このパンダさんは、
本文中にちょこちょこ登場してまして、
文章だけじゃない内容なので、
更に読みやすい(取っ付きやすい)印象になってます。

パンダさん、キャラ強いなー。

実は、この本を読んだ翌日、
このパンダさんは夢に出てきました(笑)。

内容は、はっきり覚えてないですけど、
ちっこいパンダがいっぱい出てきた(笑)。

本の印象って、
文章だけじゃなくて、イラストも残るんですねー。
(初体験)

こんなのも本を読む楽しみですねー。

ではでは。
次回もお楽しみ^^





※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード