*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「実践カラーヒーリング」

今日は、カラーヒーリングの書籍をご紹介。

「実践カラーヒーリング」
ステファニー・ノリス著 荒田佳子訳

以前から興味のあったカラーヒーリング。
先日のカラー交流会

でもカラーヒーリングの勉強されている方が多く、
興味津々で本を買ってみました。

カラーヒーリングって、いろんな種類がありますよね。
どんな手法があるんだろう?とか
そもそも何?ということが知りたくなりまして。

「中世イスラム最大の医師アビセンナをはじめとして、
古代から偉大な医師は、様々な病気の治療に色を使っていました」

ふむふむ。
かなり昔から色彩治療として使われていたようです。

「近代的な色の活用方法」として
「例えば刑務所では、優しいピンク色で壁を塗ると、
囚人たちの攻撃的な行動や暴力行為が少なくなることが
明らかになってきました」とのこと。
この部分は、色彩検定テキストでも紹介されていた気がします。

この本で紹介されているカラーヒーリングの方法は、
1、オーラ
・人の体から発せられる光やエネルギーをオーラと言い、
 これを読んで行うヒーリング
2、チャクラ
・体にある7つのエネルギー中心点「チャクラ」を
 使ったヒーリング
3、カラーライト
・色のついたランプなどを使う
4、カラーウォーター
・自分に必要な色のついた容器に水を入れ、
 光にあて、その水を飲む
5、カラーバス
・エッセンシャルオイルやバスソルトを使う
6、オーラソーマ
・色つきの液体の入ったボトルを使う
7、水晶、宝石、石
8、色の呼吸法
・色を吸い込み、体に取り込む
9、食べ物
・自分に必要な色の食べ物を食べる

などなど。
やはり、いっぱいありますね。

一番簡単なのは、9番の食べ物ですかね。
朝に赤い食べ物を採ると、目覚めが良いという効果も期待できますし。
あと、5番のカラーバスとかもお手軽ですね。

以前から知っていた内容もありますが、
こうして全体的に眺めてみると、
素人でも自己ヒーリングは出来そうな気がします。

でも、忙しくなると、
ヒーリングしてる時間が無くなっちゃうんですよね。
で、体と心のバランスくずして、
再起不能に陥るという悪循環。
最近やってないから、そろそろやらねば。

皆さんも、何かしらのストレスを抱えていませんか。
たまにはゆっくり自己ヒーリングなんて、いかがですか?




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード