*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
「聖書の暗号は 読まれるのを待っている」

今日は本のご紹介^^

「聖書の暗号は
読まれるのを待っている」
イオン・アルゲイン著
(船井幸雄:序文、推薦、解説)
徳間書店

この本もビックリな内容。
船井幸雄氏お勧めシリーズです。

著者のイオン・アルゲインさんは
文明史研究家として
聖書の暗号解説をされている方。

本名は稲生(いのう)雅之さん。
1963年生まれの日本人です!!
(外国の方だと思ってました・・・)

本の内容は、
聖書の暗号の解説はもちろん、
昔の写真を解析したものや、
秘密団体のマークを解析したもの、
多岐にわたります。

イオンさんが長年研究されてきた
膨大なデータをまとめあげた1冊だそうです。

文字だけじゃくて、
写真とかがあると、分かりやすいですよねー。
より現実性が高まるというか、
リアリティー感が増すというか。

ビックリな上に、ますますどっきどきな内容。

ひえーの連発です。

目次のご紹介
1、聖書の暗号の解析ルールの発見
ついに解かれた時の封印!
2、宗教、政治、資本の中の悪について
聖書の暗号はこう語る!
3、前文明ムー、レムリア、アトランティス
聖書の暗号が作られたのはムーの時代
4、すべてが終わりに近づいている
バチカンの宗教支配、フリーメーソン、イルミナティの
第3次、第4次世界大戦の策動
5、ハルマゲドン
過去の出来事から連なる崩壊と近未来の政治経済の変化
6、聖書の暗号の正しさと未来の変化について

目次だけでも、ビックリじゃないですか?
じっくり読むと、さらにビックリ!!

でも、怖がらせるだけではないんです。

「終わりに」には
明るい未来を願っている著者の姿があります。

「一部の人たちが、
嘘とお金儲けを通じて未来を作っていく時代は、
間もなく終わるようです。

次の時代の主人公となる多くの人たちが、
その向き合うべき問題と、
正面から向き合えるようになることを願っています。

しばらくの間経済が停滞して厳しい時代になりそうですが、
ずっと続く夜があるわけではありませんので、
いずれ未来が明るくなってくることを願って
終わりにしたいと思います」

「この世界は、心ある多くの人々の犠牲の下に
平和を求めてきたのであり、
あと少しですが、この現実に変わりがないのです。

私たちに必要なものは勇気ある行動であり、
その先に愛にあふれる平和な世界を求めていきたいと思います。

勇気こそが彼らの演出する恐怖に優るものなのです」

うーん、なるほどー。
確かに。

そういうこともあるのか、
じゃ、自分はどうしよう、というのが重要ですよね。

深い。
心に刺さるなー。

表紙はダークグレーの背景に白文字。
中央に赤い帯のデザイン。

赤というか朱色かな。

この赤は、かなり黄み寄り。
船井さんシリーズでは、頻繁に登場してます。

「日本」を意識して黄みを使っているのかな?
(日本は黄み寄りの赤を歴史的に多用している)

真っ黒と真っ赤だと、
鮮やかさのハイコントラスト配色。

ダークグレーと朱色って、
ちょっとだけコントラストが弱まりますね。

いわゆるトーンダウンって手法になるのかな。

簡単だけど、センス良く見えるやり方かも。
お勧めです^^




※「2011年からの正しい生き方」
著者船井幸雄氏お勧めの書籍カテゴリー
(独断と偏見で分類)

1、日月神示に関するもの(済)
2、聖書の暗号に関するもの
3、日本経済、世界経済に関するもの(済)
4、日本の建国とか日本語、日本人に関するもの(済)
5、量子力学とか宇宙論に関するもの


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード