*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
「相手に9割しゃべらせる質問術」
今日は本のご紹介!!

「相手に9割しゃべらせる質問術
1対1が苦手なあなたへ」
おちまさと著
PHP新書

質問力を上げよう!!シリーズです。

著者のおちさんは、プロデューサー。
放送作家として、
『学校へ行こう!』
『仕立屋工場』
『空飛ぶグータン』など、
数多くのヒット番組の
企画、演出、プロデュースをされてます。

その他、「対談の名手」として
雑誌、書籍のインタビューもされるそーです。

ふむふむ。
かなりメジャーな方なんですねー。

全体的に分かりやすい内容になってます。
理解しやすいし、出来るかもーと思えます(笑)。

ノウハウ本というより、
気持ちの持ち方とか立ち位置を教えてくれるような内容。
やってみることで広がりが期待できるかな。

なるほとーと思ったところを抜粋。

「サシで会話をするというと、
あなたはたぶん、
こんなことを考えて不安になるんじゃないでしょうか。
『会話は続かなかったら、どうしよう・・・』」

「わからなくもありません」

「しかし、あなたはちょと勘違いしているかもしれません」

「そもそも、コミュニケーションの基本とは、
まず相手を理解すること」

「そのために大切なのは、
あなたがおもしろい話をすることじゃなく、
相手におもしろい話をしてもらうこと」

「あなたがすべきなのは、
相手の話を上手に引き出す質問です」

ふむふむ。
ここが基本となってるんですねー。

「質問は疑問をもつことから始める」
「質問とは、『プラモデルのパーツ集め』のようなもの」

確かに。
相手に質問していく中で、
色んなことが分かりますからねー。

そうそう。
だから人と接するのって、おもしろいんですよねー。

あと、深いなーと思ったのが、
「人間はあなたが思いよりずっと深いもの」

「『上司がつまらない』のではなく、
上司のいいところを発見できないのは、
自分の熱意が足りないから」

うーん、個人的に反省の余地あり・・・。

「あなたが『この程度』と思っていれば、
『その程度』の話しか聞き出すことはできません。
まず、自分のマインドを変えましょう」

はい、反省します・・・。
(日々、切り捨てが得意な私・・・)

あ、目次はこんな感じです。
【目次】
1、相手に9割しゃべらせる
2、最初の2分で心のカギを開ける
3、気持ちよく話してもらう「お風呂理論」
4、困ったときの「マジっすか?」
5、とにかく大げさがいい「ほめツッコミ」
6、芋づる式に言葉を引き出し「物語」をつくる
7、自白させてしまう「根回し力」
8、質問力を鍛えて「人間力」を上げる

表紙は、PHP新書の定番カラー。
背景はダークレッド、文字は白抜き。

前に進もうという意志と、
しっかりした内容が詰まってますよー、
真面目な内容ですよーという印象。

帯は白地に、著者の写真入り。
(画像には無いけど)
顔写真って、つい気になっちゃいますよねー。

この効果を使った広告も多いです。

そーいえば、人間の目には
黒目と白目がありますよねー。
猫とか犬には白目ないのにー。

白目がある理由は、
どこを見てるか相手に分かるように、
つまり、コミュニケーションを円滑にするためだそーです。
(いろんな考えがあるかもですが)

と考えると、
人間がコミュニケーションするのって、
ものすごーく自然なことなんですねー。





※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード