*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
日本画の画材は・・・。

忘れておりましたが、
先日高崎に行った際に、
日本画の画材の本を買ってきましたー。

日本画画材20120722

特に興味があったのは、
「何で色を出してるのか」

カラーな人ですからー(笑)。

本に紹介されていたのは、5種類。
特に「岩絵具」は、色々な色があって、
見てるだけで幸せー。

岩絵具とは、
「岩石や鉱石を細かく粉砕して作られる絵具。
天然、人工のものがある」んだそーです。

日本画画材220120722

天然岩絵具は、やはり自然のものですので、
「同じ鉱石であっても不純物の混入によって、
それぞれの色は微妙に異なる」とのこと。

ふむふむ。

色名は、
群青(ぐんじょう):紺に近い青
白群(びゃくぐん):水色
辰砂(しんしゃ):鮮やかな赤
などなど、伝統色で聞く名前がいっぱい。

へーと思ったのが、
「粒子の大きさによって色調が異なる」部分。

「3番から15番、白(びゃく)と
粒子の大きさによって十段階前後の番号」があって、
「番号が小さいほど粒子が粗く、
番号が大きいほど粒子は細かくなり、
最も細かいものを白といいます」

例えば、同じ「群青」でも、
「白」は水色
「8番」は鮮やかな青
「5番」はネイビーに近いです。

粒子が大きい(数字が小さい)と、
色が濃くなるけど、明るさが暗くなる。

粒子が小さい(数字が大きい)と、
色が淡く、明るくなるんだそーです。

面白いですねー。
なるほどー。

また色彩の知識が増えましたー。
まだまだ勉強真っ盛り^^

これからも、どんなことを知るのか、
すっごい楽しみー。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード