*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
AFT1級プロダクト(その6)

プロダクトデザインと素材の話。
前回の続きです。

【ファブリック】

AFTプロダクト6布張りソファ2011105

※布張りのソファ

「ファブリックというと
ファッションやインテリアを思い浮かべますが、
自動車のシートや内装、イスの座面など、
プロダクトデザインの分野でもよく使われる素材です。

「プロダクトデザインでは
単独で使われるよりも、
金属やプラスチックといった
ほかの素材と組み合わせて使うことが多いので、
色のバランスを考えることはもちろん、
用途や目的に合わせて
機能や質感を考慮する必要があります」

ふむふむ。

そーいえば、
自動車の内装は、
インテリア的なコーディネート感性が必要って
聞いたことがあります。

自動車って、
外装と内装だと全く違う感覚ですよねー。

内装では、
使うパーツも多いので、
当然素材もいろいろあって、
コーディネートが大変みたいですねー。

【新開発素材】
「軽量化や剛性などの機能が付加された新素材は、
次々と開発が行われ実用化されています」

「炭素を繊維化して編み込んだ素材で、
非常に軽く剛性も高いカーボンファイバーなどは、
高機能素材としてのイメージが定着、記号化されているため、
素材感を生かした外装表現としても使用されています」

AFTプロダクト6カーボン腕時計20111105
※高機能を表現するために文字盤に
 カーボンファイバーを使用した腕時計

さて。

次回は「2次加工」ということで
塗装とかメッキの話になります。

ここが終われば、プロダクトは終了。
インテリアに移行しますー。

次回もお楽しみに^^


※『AFT色彩検定公式テキスト1級編』
 (2010年4月2版発行)より抜粋
※色の表現に関しては、
 可能な限りで再現しています。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード