*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ファッションビジネスの世界(その6)

ファッションビジネスの世界。
今日は織り方の話。

織物と編物の違い知ってますか?

「織物は経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で織られ、
編物は1本の糸で編まれます」

ふーん、そーなんだ。

織物には、
「平織(ひらおり)、綾織(あやおり)、
朱子織(しゅすおり)」があるそうです。

よく見かけるデニムは、綾織で、
「シッカリとした風合いがあり、
発色は陰影に富んだもの」になるんだそうです。

デニム20110815

うーん。

ということは、
どんな糸を選ぶのかに加えて、
そんな織り方にするかによっても
布の表情が変わるってことですねー。

さらに染めとかプリントとかも考えたら、
ほんとーに、ありとあらゆる手法がありそう。

やっぱ複雑なんですねー。
だから面白いんでしょうねー。

オックスフォード20110815

これは平織。
「経糸と緯糸が一本ずつ交互に交差する構造」
「フラットな発色」になるんだそうです。

サテン20110815

こっちは綾織。
「しなやかで光沢感があり、
高級なドレス地などによく使われ」るんだそうです。

編物はよこ編とたて編の2種類。

よこ編20110815

「横方向に伸縮するのが特徴」
「セーターなどによく使われます」

たて編20110815

「フィット感に優れ」
「フラットで光沢感のある色調が特徴」だそうです。

織り方って、
服を着たときの感覚、
動きやすさとかストレッチ感とかに直結するからなー。

けっこう大切ですよねー。

特にパンツとかスカートといったボトムでは、
しわも気になるし。

全く気にしたことなかったけど、
布地もじっくりと見てみようと思いましたー。

次が染めの話です。
お楽しみに^^


※『AFT色彩検定公式テキスト1級編』(2010年4月2版発行)より抜粋
※色の表現に関しては、可能な限りで再現しています。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード