*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ファッションビジネスの世界(その4)

ファッションビジネスの章、
長いですねー。

今回はその4。
アパレルの商品企画事例です。

テキストには
4つのテーマでの商品企画例が出てます。

ターゲットは
「建築、インテリア、プロダクト、
ファッションビジネスをはじめとして、
広告代理店やジャーナリズムに勤務する女性、
また金融アナリストやトレーダーなどの
最先端の職業に就く
高所得で高感度なキャリアウーマン」

「20代後半から30代前半までの
バリバリのキャリアウーマンがターゲット」

「彼女たちの
ハードな日常から離れた
『くつろぎ着』『遊び着』を想定」
しているんだそうです。

うーん、長いな。
でもあまり絞り込んではいない想定なんですかね。

【テーマ1:エレガント・ロック】

AFT1級ファッション4エレガント20110724

カラーは、
「クリーンで無彩色感覚のクールカラー。
汚れた白、浅い墨色が重要」

「汚れた白」っていうのは
テーマの「ロック」を意識してるんですかね。
単一じゃない染め方とかもありなんですかね。

【テーマ2:パッション・クラシックス】

AFT1級ファッション4パッション20110724

カラーは、
「熱くビターな感覚のブライトカラー」
クラシックスタイルのミックスだそうです。

【テーマ3:パザント・サマー】

AFT1級ファッション4サマー20110724

「ペザント」は農夫だそうです。

カラーは、
「フローラル調の優しいパステル」

ポイントは「洗いざらしの清潔感」かな?

【テーマ4:ビビッド・スポーツ】

AFT1級ファッション4サマー20110724

カラーは
「紫外線に負けないクリアなビビッドカラー」

スポーツをテーマにしたときって、
やっぱビビッドカラーになりますよねー。
元気な感じです。

提案色を考えるときも、
テーマが絞り込まれてないときは、
3から5テーマくらいを設定して考えます。

色のイメージでグルーピングするんですが、
これがなかなか面白い。

人の色彩感覚って、
ほんとーに個性的だなーって思います。

さて、次は繊維の話になります。
お楽しみにー^^

※『AFT色彩検定公式テキスト1級編』(2010年4月2版発行)より抜粋
※色の表現に関しては、可能な限りで再現しています。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード