*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「わたしが芸術について語るなら」
今回は本のご紹介^^

「私が芸術について語るなら」
千住博著
ポプラ社

副題は、
「世界を舞台にする活躍する日本画家が
芸術についてやさしく語る」

そーなんです。
すっごく分かりやすい^^

こういった芸術、美術関係の本って、
すっごく難解で、敷居が高いってイメージですが、
(ま、そんな本にチャレンジしたことないですけど)
この本は分かりやすい。

芸術を特別視してるんじゃんくて、
日常の中に落とし込んでいるんです。

そもそもこの本は、
「小学校高学年から高校に学ぶ
十代の若い人たちに向けて書いたもの」を
「一般の方に向けた本として、
改めて刊行」したもの。

「言葉づかいは易しいですが、
内容はとても高度」だそう。

なるほどですねー。

確かに易しいだけじゃなく、
高尚で
うーんと考えさせられるような内容が入ってます。

そーいえば、
たまに遊びにいく銀座の画廊の担当者、
著者と友だちって言ってたな・・・。

この担当者、
社長さんなんですけど、芸術家でもありの人。
ちょっと面白いですよね^^

芸術の世界って
けっこう狭いんだなーと思ったりもしました。

表紙は白い縁の中に
著者の作品(ブルー系)が入ってます。
(画像では白い縁が見えないけど)

爽やかだけど、厳しさも感じさせるような配色。
スマートでシャープな感じです。

帯は濃いめのピンク系。
甘さと優しさがプラスされてます。
(残念ながら帯もないけど)

さらっと読めますよ。
興味ある方はぜひ^^


【目次のご紹介】
1、美とは何か
2、出会い
3、学びから知る
4、序列をつける
5、混沌から生まれる美
6、芸術とは何か




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード