FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ファッションブランドのような。
「エイガールズ」

名前だけ聞くと、
ファッションブランドのような印象ですが、
実はテキスタイル屋(服地メーカー)さん。

毎年パリで開かれる世界的な服地見本市にて、
グランプリを受賞されたようです。

見本市は、
ブログでもご紹介してます「プルミエールヴィジョン」。

この「エイガールズ」さんは、日本のメーカーさん。

まさに、
「メイドインジャパン」ですなぁ。

今日は季刊誌「流行色」の特集記事。


「独創的な素材と、
スローインダストリーでつくる
エイガールズの挑戦」です。

エイガールズ20190713

株式会社エイガールズは、1972年設立の和歌山の会社。

ものづくりのポイントは。

1、「素材」

同じ機械で同組織にかけても、
素材の選び方、機械の使い方、糸取りの違いで、
全く違った製品になる。

2、「消費者の望むものと作るものが乖離しない提案力」

衣食住に趣向や生活スタイルの遊を加えて倣う。
市場や生活様式を調査する。

3、「アナログの『スローインダストリー(造語)」

大量生還から、付加価値をつけた味わいのある製品へ。

なるほど。

特に3番に関しては、時代の流れを感じます。

「スロー」という言葉も、
かなり一般的になりましたしね。

全てがのんびりになるといいなーと思ったりもする(笑)。

さて。

エイガールズさんの具体的な取り組みは、というと。

1、多品種小ロットで高付加価値の製品を輸出

2、美術館や市場調査、読書、写真などによる、
 インスピレーション

3、こだわり素材の定番

4、原料や糸へのこだわり

5、独創性豊かな「ブラックライン」

真似できない、
希少価値のある独創的な素材の製品ライン。

シャネル、ルイヴィトン、ディオールなどが使用。

6、営業からの要望を企画へ反映

7、強い信頼関係に基づく協力工場

ふむふむ。

「こだわり」に関して、
できる限りの全力な感じがしますね。

ここに至るまで、かなりの苦労が予想されます。

すごいなーと思ったのが、生産性のところ。

協力会社の1社で使っている「吊り機」。

通常の「高速丸編機」は1回転で24コース編めるらしい。

が。

「吊り機」は2コース。

単純に考えると、生産性が8割以上も減少。

うーん、普通できないよなー。

このこだわりが、
来場者の「ワァー!柔らかい!」の感嘆に繋がるんだな。

(製品を手に取る来場者の反応。ぜひ体験してみたい!)

そうは言うものの、と感じるのは、
会社勤めでは特に強く思うところ。

サラリーマン復帰から2ヶ月の私も、
強くつよーく感じる日々です(笑)。

さてさて。

ご紹介してきた「春号」ですが。
今回で終了となります。

次回から「夏号」をお届けします。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード