*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
イエロー、オレンジですかね。
先日に引き続き、
トレンドカラーのご紹介。

2018年春夏向けの
海外トレンド情報です。

2018SS海外トレンド20170713

全体傾向としては、
「明るいトーン中心」
「有彩色系が増加」
「大胆な配色」だそうです。

ふむふむ。

「大胆」というキーワードは、
日本流行色協会の提案とも一致してますかね。

国内も海外も、
トレンドは似たような感じで推移することも多いですからね。

「意表をつく大胆な配色」が、
共通ポイントのようです。

次に、
個別のポイントカラーに関しての解説をご紹介します。

1、ペール、ライトカラー

色みに偏りはない。
ロマンティックなパステルというより、
デジタルや光のイメージ中心

2、ベーシックカラー

グレーやベージュはペール、ライト等の明るい色との組み合わせ
グレイッシュなブラウンが増加

3、マルチカラー

多彩な色相、トーン。
高明度色やメタリックカラーのアクセントも重要

4、ディープ、ダーク

サマーダークも継続
明暗コントラストにて

5、イエロー、オレンジ

イエロー系の提案が最も増加
ビビッドオレンジも人気

6、グリーン、ブルー

グリーンはブルーグリーンへ、
ペール、ライトが中心。
ブルーはペール、モデレート、
クールムードのグループを

7、パープリッシュカラー

ペール系が増加
ビビッドパープリッシュレッド、ペールパールが増加

なるほど〜。

注目色はイエロー、オレンジですかね。

定番のグリーンは青みがポイントで、
パープル系は色調がポイントのようです。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード