*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
ピンク系とブルー系2色。
今日はカラー情報誌の特集記事のご紹介。
「未来の色を考える」

この記事は、
日本流行色協会さんとパントンさんの対談形式。

トレンドに関するところを抜粋してご紹介します。

未来の色20170324

パントンさんは、色見本も有名ですが、
アメリカのアメリカでカラートレンド情報を発信しています。

いわゆるトレンドセッター会社。

2016年の色として、
ピンク系とブルー系2色を発表しました。

一方、日本流行色協会の発表は、ブラウン。

国によっても捉え方に違いがあるようです。

パントンさんのコンセプトは、
「ウエルネス、心の豊かさ、健康」。

「ピンクは豊かさにつながる、
パワーのあるソフトなピンク」

「ブルーは、晴れやかさ、青い空のイメージ、平和」

「毎日当たり前のように存在する
安心感のあるもの」をイメージしているようです。

そして。

日本流行色協会さんのブラウンは、
「地球人という意味」

「国境、性別、組織などの垣根を超えて
世界で活躍する人」

うーん。

かなり違いがありますが、
根本にある不安感、流動性といったところは
共通しているように感じます。

パントンさんの場合は「だから癒し」な感じ、
日本流行色協会さんは「だから行動」な感じ。

なるほど、です。

アメリカのトレンドに関する反応は、
「先がどうなっていくのかわからないし、迷っている。

とりあえず今に集中しようという考えになり、
大勢の中で私というものを確立して、
人の目をひこうという発想」だそうです。

日本の場合は、
目立つことにちょっと消極的ですかね。
最近はそーでもないか。

こういう対談、なかなか面白いですね。

さて。

今後のカラー動向は、
「コンフォート、サスティナビリティ」

「変化の激しい世の中で、安定、地に足がついた感覚」

この感覚は日本でも見られますかね。

具体的な色に関しては、
「頼れる色としてのブルー」

「グレーはシックでエレガント」

「ブラウンは上品さを感じさせ、
夫で長持ち、オーガニックにもつながる」

この3つが柱だそうです。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード