*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
2017年春夏向けインターカラー
今日は流行色のご紹介。
2017年春夏向けインターカラー情報です。

2017SSインターカラー20160624

タイトルは、
「オムニ・ポッシブル」

「可能性に満ちた」という意味だそうです。

全体的な特徴としては、

・素んだ調子のパステルから、
 少し落ち着いたパステルカラーへの変化

・サマーダークは、
 夜の夜景に見られるような、
 ブルー系、グリーン系を主体とした寒色系の暗い色調

「サマーダーク」、
継続するようですね。

以前はダーク系カラーというと、
秋冬の定番。

春夏は、
パステル系が提案さてることが多かったですよね。

ご年配の方々の中には、
春夏は白っぽい色調、
秋冬はダーク系が普通という方のいらっしゃいますよね。

ここ数年のトレンドカラーでは、
これが逆転したりしてますよね。

ダーク系カラーの季節を選ばず、
気軽に楽しめるようになりましたね。

カラーグループは5つ提案されています。

1、Staging Nature:自然を上演する

控えめな彩度のパステルカラー
優しく、温かみのある色調

2、Culture Surfing:文化的サーフィン

ブラウン、レンガ色、イエローオーカーのブラウン系を軸に、
アイボリー、彩度の高い赤とブルー系と紫

3、Horizon:水平線

数シーズン継続する「静けさ」の表現
今シーズンは紫みのブルーへ

4、Night Vision:夜の幻想

ブルー〜グリーン系のダークカラーを基調
幻想的で神秘的な夜の風景や深い森を想わせるカラーグループ

5、Free Radicals:自由なアクセント

自由で過激なアクセントカラー
「過激分子」のアクセント

なるほどー。

ここ数年継続しているブルー系は、
紫みを帯びてきましたね。

ある特定の色みが流行した後は、
その色みが少しズレて流行ることも多い。

ブルー系でいえば、
ブルーっぽいブルーから、
緑みのあるブルー。
そして紫みのあるブルーなど。

残念ながら、
この傾向は景気がいまいちな時に現れたりします。

うーん、そうなのかな〜。

あ、何度も出てくる「彩度」は、
色の鮮やかさのことです。

例えば、赤とピンク。

この2色は色みが同じで、
彩度の違う色という言い方ができます。

彩度の高いのが、赤。
彩度の低いのが、ピンクです。

関係ないけど、
今日からご紹介する流行色は、
季刊誌「流行色夏号」からの抜粋。

やっと夏号になりました〜。
のんびり紹介ですみません・・・。

今日ご紹介したのは、全体傾向。
ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード