*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
空間演出が重要みたいです。
かなり前に、
テレビでちらっと見かけた東京モーターショー。

テレビだと微妙な色加減が分からず、
うーん、イマイチ消化不良な感じ。

そんな中、
日本流行色協会さんが、ちょこっと記事を掲載されてました。

東京モーターショー20160325

テーマは「あなたのココロが走り出す」

乗用車、商用車もあり、
次世代モビリティーも展示される総合的な展示会だったようです。

モーターショーで一番面白いなーと思うのは、
何といっても各社から発表されるコンセプトカー。

実用車じゃないので、
ものすごーくかっこいいし、
未来を想像できたりして楽しいのです。

記事によると、
各社のコンセプトカーでは、
「素材や加工デザイン品質の高さが目立った」とのこと。

外装同様、
内装にもこだわりがある傾向性。

ここ数年の流れですね。

「今後、多様化するモビリティースタイルの流れの中、
素材+加工による多彩な表現は、
空間演出において重要さが増すことが予測される」

なるほど。

サラリーマン時代は、
かなり真面目に出かけて行ったなーとなつかしく思い出す。

そして。
気になったのは、記事の次ページ。

「TOYO COLORが実現した、
鮮やかなグロスカラー」

「シルクのように滑らかで、
深みのある光輝感がでるようになった」

えー?
見てみたーい!!

あ、塗料の話ですよ。

塗料による色は、大きく分けて2種類。
「ソリッドカラー」と「メタリックカラー」

車の外装は、
メタリックカラーが多いですかね。

パールとかアルミで作られるキラキラした粉が入った色。

光の反射によって色の見え方が変わったり、
色みが変化して見えたりします。

問題は、この粉(光輝材といいます)を入れると、
鮮やかが落ちてしまうこと。

ものすごく鮮やかで、
かつ、きらきら塗料はとても難しい。

記事によると、
この難しさをクリアしたみたいですな。

こういった技術が開発されると、
以前難しかった色も、再現可能となり、
より豊かなカラーライフが送れるようになります^^

今後も期待したいところです。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード