*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
「今年の色、来年の色」
先月ご紹介した「今年の色、来年の色」
日本流行色協会の活動報告。

今回は、詳細版が届きました。

今年の色20160122

今年(2015年)の色は、
「ブルースカイブルー」
(ストロングブルー)

少し紫みのある、濃いブルーです。

キーワードは、
「先進性」「期待と不安」「上品さ」でしたよね。

詳細版には、
組み合わせの色としてアソートカラーが紹介されてます。

1、カッパー(銅色)
2、アクアブルー(ペールブルー)
3、オリーブグリーン
4、ミラーシルバー
5、スノーホワイト

「ブルー系はきれいな空気や水を想わせる色」

「ブルー系と相性のよい
自然界に見られる色を選定しました」とのこと。

個人的には
「スノーホワイト」好きですね〜。

黄みのない、真っ白な色。
見てるだけで浄化される気がします。

そして。

来年(2016年)の色は、
「アースリングブラウン」
(モデレートブラウン)

ちょっとだけ黄みの強い、
でも赤みも感じられるブラウンです。

キーワードは、
「地球人(アースリング)」「成熟」「生命力」

アソートカラーは同じく5色。

1、シャンシャインゴールド
2、フローラルイエロー(ブリリアントイエロー)
3、パステルピーチ
4、パーシモンオレンジ
(モデレートレディッシュオレンジ)
5、ティールブルー
(ダークグリーニッシュブルー)

「ブラウン系は『安心』をもらたしてくれる色」

「ブラウンと組み合わせて活用することで、
『安心』『活力』『生命の躍動』を表現できる色を選定しました」

なるほどー。

ちょっと色名が分かりにくいかな。

色の名前は、分割して考えると分かりやすい。

上の「ダークグリーニッシュブルー」でいうと、
一番最後の「ブルー」は色みのこと。

その前の「グリーニッシュ」は
色みを説明してます。

この場合は、「緑みのある」という意味。

その前の「ダーク」は色調を。

ということで、
「ダークグリーニッシュブルー」は、
「暗い緑みのある青」となります。

分割して考えると、
だいたいどんな色か想像できるのが便利なところ。

他にも「固有色名」というのもあります。
「若葉色」とか「空色」とか。

人によってイメージが違うので、
正確に色を伝えるには、数値表現がオススメです。

ちなみに「ダークグリーニッシュブルー」は、
「5.5B3.5/4.3」(マンセル値)となります。

興味ある方は、
ぜひ色彩検定の勉強を(笑)。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード