*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
近年10年のファッション良好色
今日は、
昨日に引き続き流行色のお話。

2005年から2014年までの、
ファッション良好色の推移について。

良好色L20160114

良好色M20160114

画像は「写真で見る10年間の良好色」

上の画像がレディース、下がメンズです。

写真の左から2005年、2006年と並んでまして、
右が2013年になります。

あー、あったあったと懐かしい気持ちもありつつ、
流行の変化をつくづくと感じる一覧です。

「長く続いた平成不況の中、
2001年を底として景気が上向き、
2006年には戦後最長の好景気といわれるようになった」

「『富裕層』が注目され、高級商品が話題となった」
「『ネットカフェ』難民など、格差社会が流行語となった」

「その後、2007年『サブプライムローン問題』などの
金融不安により、一転して大不況へ」

「超低価格の『ファストファッション』が話題に」

「2011年3月の『東日本大震災』により、
日本全体が暗いムードに」

「ツイッターやFacebookなどの
ソーシャルネットワーキングサービスが
コミュニケーションのツールとして
重要な役割を果たすようになった」

ざっくりと振り返ると、
こんな感じなんですね。

長いようで、短いようで。
色々ありましたね。

さて。
カラーの話をご紹介しますと。

売れ筋カラーの中で、
黒が飛び抜けて占有率を占めたのは、
2005年から2007年。

「高級商品が登場する中で、
高級さ、フォーマル感を演出できる」からなんだそうです。

「ジャケットやワンポースなど、
きとんとめのスタイル」

そして、2008年のリーマンショックにより、
「節約志向が台頭。
『ファストファッション』が海外から日本に進出し、
ヤングを中心に席巻」

「カジュアル感が強くなる」

そーいえば、
海外のファストファッションが銀座にオープンするとき、
店の外で長らく入場待ちしてたな。

なつかしい〜。

そして、
注目色としては、ネイビーがあげられてます。

「最近10年の中で、
最も長く人気が継続しているのが、ネイビー」

「2010年頃、
様々な分野で『原点回帰』がいわれるようになり、
ファッションもトラッドテイストなどの
ベーシックで『きちんとした』着こなしへと転換」

「ネイビーブームの特徴は、
同時に様々なトーンのブルー系を巻き込んだ、
一大ブルーブームになっている」

なるほど、ですね。

流行現象は、人間心理の反映。

その時その時の時代性を
みごとに表してますね。

向こう10年はどんな時代になるのか、
ちょっと楽しみですね^^

あ、10年生きている保証はないので、
今、生きているという奇跡を大切にしたいですね。

先日のお誕生日の際に、メッセージを頂き、
こんなことを考えました。
ありがたいことです。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード