*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
和のいろ(歌舞伎)
前々から気になっている歌舞伎。
色に意味があるのかなーといつも疑問に思ってました。

色関係の本には
なかなか載ってないんですよね〜。

そして。

時々ご紹介している「和の色のものがたり」
歌舞伎についての記載がありました。

和のいろ歌舞伎20151218

そもそも、あの顔の模様は何だろう?から始まる疑問。
素人ですみません・・・。

解説によると、「隈取」というようで、
模様によって「筋隈(すじくま)」「二本隈」「一本隈」
「むきみ隈」と種類があるそうです。

隈取の種類によってキャラクターも決まっているそうで、
赤い隈取は「力みなぎる正義の味方」なんだそうです。

赤い線が増えるほど、力強さが表現されているそうです。

登場の段階からキャラクターが分かるってことですかね。

分かりやすいってことですかね。

反対に青い隈取は「頭脳派の敵役」
「藍隈」というそうです。

白塗りの上の青筋は「冷血な悪人」を表現しているようです。

なるほど。

赤と青、正反対の色を使って表現しているんですね。

色って、
無意識的にある共通の印象を与えますからね。

もちろん個人差もあるけど、
社会性とか地域性は、ある程度共通しています。

歌舞伎は日本独特の文化ですからね。

隈取の色によって、
お客さんは同じような印象で観劇したんですねー。

「代赭色の隈取は鬼や妖怪」
「人間以外の超然」

代赭色は、簡単に言うと茶色のこと。

黄みのある、ややくすんだ茶色。
赤土から派生した色名です。

調べるともっとあると思うのですが、
初歩の初歩くらいの知識になって、
ちょっとすっきり^^

色関係の本も、次から次に発売され、
似たような内容も多いですが、
たまに出合う新しい情報。

だから、また買っちゃうんですよね〜。

ずんずん増える書籍たち。
本に占領されつつある部屋。

致し方無しですな。

ではでは。
次回もお楽しみにー。





※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード