*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
2015年インテリアファブリックス(総括)
2015年も残すところ、あと1ヶ月半。

流行色協会では、
2015年のカラートレンドの総括が出てます。

今日はインテリアファブリックスのご紹介を。

2015インテリア20151119

タイトルは、
「植物の生命力を感じさせる、ブラウン×グリーン
ブルー系にも注目」

キーワードは、「自然のまま」

「木肌そのままの質感を大事にした空間デザイン」
「木目を模したデザイン」

「野山にあるそのままの自然を映そうとする」
「時間の流れによって色や形を変えて行く様を楽しむ」
傾向があるそうです。

あとは、
「エアプランツや多肉植物が人気」
「インテリア雑貨ではウッド調が増えている」とのこと。

ブラウン系は濃い方向へ移行し、
グリーン系は
イエローグリーンからグリーンへ移行しているそうです。

植物の強い生命力を感じさせ、
早春の芽吹きに見られる黄緑系よりも、
夏の繁茂する草木の緑が好まれるとのこと。

他の色に関しては、
「爽やかなブルー系、
レッド系、ピンク系に復活の兆し」

ブルー系はファッションでも人気ですよね。

ファッションで流行った色が、
ちょっと遅れて、インテリアでも流行るのが定番の流れ。

ふむふむ。

解説によると、
ブルー系は濃いブラウン系のアクセントカラーになるとか。

1色が流行ると、
「随伴色」と呼ばれる、
その色と相性のいい色も一緒に流行ります。

あれ?
何だか定番の流れを感じますね。

気学講座で聞いた、
2016年の「定番」の流れが早くも見られるのかな?

レッド系とピンク系は、
「グリーン系への志向の反映」

色味の差が大きいので、
組み合わせるとバランス良い配色になりますよね。

王道な配色です。

2015インテリア220151119

各メーカーの人気カーテンとしては、
「深い色合い」
「洗練されたリッチ感のある商品」
「光沢糸や意匠糸使いによる
表情豊かなファブリックスが好まれている」そうです。

ナチュラルというより、上質。
軽さというより、ほど良い重さ。
といった感じでしょうか。

部屋の模様替えというと、
カーテンがお手軽ですかね。

気学的にいうと、新しい事、物は、
来年の節分前に済ませておくのがオススメ。

ご検討中の方はお早めに〜。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード