*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
「日本の色を探す旅」
たまたま見かけた雑誌「MY RESORT」。
カラー関連の特集がありました^^

裏表紙20150501

タイトルは「日本の色を探す旅」

染織家吉岡幸雄さんの書籍を
参考にしているようです。

赤20150501

最初のページは、赤。

「その名前の語源は『明し(あかし)』。

本来は白や黒と同様に、光の明暗をあらわす言葉でしたが、
やがて現在の暖色系の色相に変化したといわれています」

そして
「神社の鳥居や本殿が赤く彩られているのは、
赤に災厄をはらう力があるとされているから」

ふむふむ。
カラー関連の書籍ではよく紹介されます。

赤は命を連想させる色。
力強く、動的な色ですよね。

特集には、赤系が3色紹介されてます。

1、艶紅(つやべに)
深く艶のある色
少し黒みがあるように見えるほど濃い赤で、
光があたると金色に輝くことから
「ひかりべに」という別名を持つ。
紅花の色素を沈殿させた色

2、今様(いまよう)
今様とは、その時代に流行しているという意味
源氏物語にも登場
恋慕の人への贈りものに選ぶ色

3、桃染(ももぞめ)
実際の染色には紅花が使われる
桃の花のように染めたという意味を込めてつけられた
3月3日桃の節句、菱餅の3色(桃染、白、緑)は、
春の野山の風景を写し取ったもの

写真も美しいですよねー。

赤、白、黒の組み合わせ、
個人的にかなり好きな配色です。

色名は再現の関係もあるので、
「この色」とは言いにくいのですが、
いい特集だと思います^^

赤に続いて、青と緑が紹介されてます。
また続きをご紹介しますねー。

あ、明日から連休になりますので、
ブログもお休みとなります^^

また更新していきますので、お楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード