*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
「世界一美しい錯視アート」
今日は本のご紹介。

「世界一美しい錯視アート」
北岡明佳著
(株)カンゼン

錯視は、目の錯覚によって起こる現象。
静止画が動いて見える、あれ、です。

不思議な現象ですよね〜。

色の勉強をする際、少し錯視の勉強もします。

背景色が違うと、同じ色でも違って見える。

人間の視覚って、
けっこういい加減なんだなーと思いました(笑)。

著者は、立命館大の教授。
知覚心理学が専門だそうです。

この本、単純に面白いです^^

動いて見えるものもあれば、
大きくなったり、小さくなったり。

色んな種類の錯視アートがありまして、
5つのカテゴリーに別れてます。

1、オプアート
2、回る
3、動く
4、色
5、消える、あらわれる

カテゴリー4番は、「色」。
ここは色彩学で勉強した部分。
なつかしい〜。

本文によると、
「錯視とは、『対象の”真の性質”とは異なる視知覚』のこと」
つまり、知覚(見えたもの)と知識(それがそうあるべき性質)のズレ」

ふむふむ。

考えれば、人間の視覚は人間独自のものなので、
同居するペットさんが同じように見ているとは限らないですよね。

しかも、視覚はかなり個人的な感覚なので、
個体差もあると聞きます。

そう考えると、
自分が今見ている景色を、
隣の人が同じように見ているとは限らない。

色の感覚って、不思議ですね〜。

さて。

表紙は、いかにも「錯視」なデザイン。
ピンク系の背景色に、白と黒の三角形。

このデザイン、どう見えます?
私には、中央から外側に向かって、三角形が動いているように見えます。

おもしろーい^^

収録されている錯視アートも、
それぞれが、かなり面白い。

子どもに戻っちゃいますな。

あ、寝る前に見ると目が回るので、要注意です(笑)。

ではでは。
次回もお楽しみにー。




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード