*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「美しい曲線の幾何学模様」
昨日に引き続き、本のご紹介。
美しい〜^^

「美しい曲線の幾何学模様」
リサ・デロング著
創元社

副題は「花と葉とつるの芸術」

曼荼羅画を書き始めてから、
こういった本が気になります。
そして、増えていく書籍の数々・・・。

カラーの勉強も「自然がお手本」とよく言われますが、
装飾、模様といったものも、
「自然の多様な形態を模写している」そうです。

「自然を象徴的に表現した装飾には大切な意味がある」
「美的価値や形而上学価値を付与しているのである」
「人間には、装飾したいという欲求が昔から備わっている」

本は「最初期の曲線(原始時代の模様)」から始まり、
曲線、種、うずまき、葉、アラベスク、ペイズリーなどなど、
様々は幾何学模様について解説されています。

図による説明も多く、
とても分かりやすい。
曼荼羅画に応用してみたい箇所もいっぱい。

表紙は、黒とブラウンを使った背景に、
白抜きを施し、模様を入れこんであります。

本の内容が表紙にデザインされていると、
買う際に分かりやすいですね。

タイトルはシルバー。

以前ご紹介した「シンメトリー」と同じシリーズで、
洗練された配色です。

このシリーズ、いいですね〜。

いつも目にする何気ない模様も、
この本を読むと見る目が変わるかも。

何とかして、本の内容を曼荼羅画にしたいなー。
試行錯誤しそうだな〜(笑)。

ではでは。
次回もお楽しみに。




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード