*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
「柿チョコ」
定番のおやつ(おつまみ)になってる「柿の種」。
「柿チョコ」という商品がありました。

柿の種20141118

会社さんは、波花屋製菓さん。
「元祖」柿の種の会社さんだそうです。

HPには柿の種の由来も書かれてました。

当時のあられは、
「小判型の金型で切り抜いて作っていた」そうです。

そして、ある日。

「金型をうっかり踏みつぶしてしまい、
元に直らずそのまま使用したら、
歪んだ小判型のあられになって」しまったとのこと。

そして、「そのまま商いをしていたら」、
ある主人から『形は柿の種に似ている』」と言われたそうです。

これが大正13年のことだそうで、
柿の種にも、ながーい歴史がありますな。

画像の「柿チョコ」は、
柿の種をチョコレートでコーティングした商品で、
写真の他にも「きなこ」「いちご」など色々あるようです。

ホワイト20141118

こちらが「ホワイト柿チョコ」。

ホワイトチョコレートでコーティングされてまして、
甘さとしょっぱさがあります。

パッケージは、
上からライトブルー、ベージュ、オレンジといった色使い。

うーん。

下の方は、「柿の種」を連想させるオレンジ系で、
ブランディングよーしといった感じなのですが、
上部のライトブルーが・・・。

他の商品にも上部にブルー系が使われているので、
イメージを連動させたいのは分かる。

しかし、このライトブルーはちょっと残念。

もう少し小面積にするか、もしくは濃くして、
アクセントカラーとして使うのがよろしいかと。

この面積で、この色だと、
ちょっと主張しちゃってる感じがします。

カフェオレ20141118

こちらのカラーリングも同じ感じ。

実は頂いた際、
パッケージを見てご辞退しようかと思いました。
期待感を持てなかったのです。
(すみません)

でも、食べてみると、
商品自体は、かなり好き^^
ぱくぱく食べちゃいました。

パッケージの印象で、
買う、買わないが決められてしまうことも多いので、
うーん・・・。

これは個人的な感想ですが、
昔から「柿の種」ファンの方は、
この色使いに愛着があったりするのかな。

世代的な違いもあるかもですが、
単純に「もったいない」と思ったパッケージでした。

ではでは。
次回もお楽しみに^^

波花屋製菓さん




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード