*All archives* |  *Admin*

2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
「服従せれざる」
今日は宝石の話。
宝石といえば、ダイヤでしょうかね。

比率としても、
宝石市場の70パーセントを占めているそうです。

鉱物としては炭素の結晶。

その硬さのため、
「服従されざる」という意味を持つ
ギリシャ語から名付けられたそうです。

ダイヤモンド20170327

「多くは無色〜黄色み」
「無色の石の中から
あらゆる光が発散されるのが本質」
「無色ゆえに研磨によって、
別に宝石のように表情が変わるのが魅力」だそうです。

定番のカットは「ラウンドブリリアント」だそうで、
計58面に研磨されたカットとのこと。

選ぶときは、
「サイズ重視」がオススメだそうで、
輝きとの調和は2ctサイズが最適だそうです。

あ、「ct(カラット)」は宝石の重さの単位。
1ctは0.2gだそうです。

あはは。
今まで「キラキラ度合い」だと思ってました(笑)。

そして。

次によく見かけるのが「ペアーシェイプ」
「洋なし形のカット」

こちらの選び方は「見た目が大切」だそうで、
「細身で大きく見えて、上品な形」がオススメとのこと。

驚いたのが「アンカット」

「研磨しないで、
そのまま装身具に仕立てたもの」

どんな感じなのか興味津々。
ぜひお目にかかりたいですね〜。

うーん。

どの本も見ても、
ダイヤモンドに関しては記載が多い。

1回でご紹介するのは難しいので、
また今度〜。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※抜粋書籍
『宝石図鑑』「諏訪恭一著」ナツメ社
『鉱物、宝石のすべてがわかる本』「下林典正、石橋隆監修」ナツメ社
『美しい鉱物』「松原聰監修」学研プラス

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

今日は宝石の話。
宝石といえば、ダイヤでしょうかね。

比率としても、
宝石市場の70パーセントを占めているそうです。

鉱物としては炭素の結晶。

その硬さのため、
「服従されざる」という意味を持つ
ギリシャ語から名付けられたそうです。

※ダイヤ

「多くは無色〜黄色み」
「無色の石の中から
あらゆる光が発散されるのが本質」
「無色ゆえに研磨によって、
別に宝石のように表情が変わるのが魅力」だそうです。

定番のカットは「ラウンドブリリアント」だそうで、
計58面に研磨されたカットとのこと。

選ぶときは、
「サイズ重視」がオススメだそうで、
輝きとの調和は2ctサイズが最適だそうです。

あ、「ct(カラット)」は宝石の重さの単位。
1ctは0.2gだそうです。

あはは。
今まで「キラキラ度合い」だと思ってました(笑)。

そして。

次によく見かけるのが「ペアーシェイプ」
「洋なし形のカット」

こちらの選び方は「見た目が大切」だそうで、
「細身で大きく見えて、上品な形」がオススメとのこと。

驚いたのが「アンカット」

「研磨しないで、
そのまま装身具に仕立てたもの」

どんな感じなのか興味津々。
ぜひお目にかかりたいですね〜。

うーん。

どの本も見ても、
ダイヤモンドに関しては記載が多い。

1回でご紹介するのは難しいので、
また今度〜。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※抜粋書籍
『宝石図鑑』「諏訪恭一著」ナツメ社
『鉱物、宝石のすべてがわかる本』「下林典正、石橋隆監修」ナツメ社
『美しい鉱物』「松原聰監修」学研プラス

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

今日は宝石の話。
宝石といえば、ダイヤでしょうかね。

比率としても、
宝石市場の70パーセントを占めているそうです。

鉱物としては炭素の結晶。

その硬さのため、
「服従されざる」という意味を持つ
ギリシャ語から名付けられたそうです。

※ダイヤ

「多くは無色〜黄色み」
「無色の石の中から
あらゆる光が発散されるのが本質」
「無色ゆえに研磨によって、
別に宝石のように表情が変わるのが魅力」だそうです。

定番のカットは「ラウンドブリリアント」だそうで、
計58面に研磨されたカットとのこと。

選ぶときは、
「サイズ重視」がオススメだそうで、
輝きとの調和は2ctサイズが最適だそうです。

あ、「ct(カラット)」は宝石の重さの単位。
1ctは0.2gだそうです。

あはは。
今まで「キラキラ度合い」だと思ってました(笑)。

そして。

次によく見かけるのが「ペアーシェイプ」
「洋なし形のカット」

こちらの選び方は「見た目が大切」だそうで、
「細身で大きく見えて、上品な形」がオススメとのこと。

驚いたのが「アンカット」

「研磨しないで、
そのまま装身具に仕立てたもの」

どんな感じなのか興味津々。
ぜひお目にかかりたいですね〜。

うーん。

どの本も見ても、
ダイヤモンドに関しては記載が多い。

1回でご紹介するのは難しいので、
また今度〜。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※抜粋書籍
『宝石図鑑』「諏訪恭一著」ナツメ社
『鉱物、宝石のすべてがわかる本』「下林典正、石橋隆監修」ナツメ社
『美しい鉱物』「松原聰監修」学研プラス

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード