*All archives* |  *Admin*

2014/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
「幸福な生活」
今日は本のご紹介。
久しぶりに小説読みました〜。

「幸福な生活」
百田尚樹著
祥伝社文庫

小説って、ほとんど読まないのですが、
書店でたまたま見かけまして。

著者は、構成作家として活躍された方で、
「永遠の0」で作家デビューされたそうです。

以後、
エンターテインメント小説を発表し、
次々とベストセラーになっているという方。

有名な方なんですね、
失礼しました。

この本は、すごく短い短編小説でして、
ラストがびっくりなんです!!

意味が分からず読み返したりとか、
そーきたか、と変に納得したり(笑)。

ちょっとシュールなところもあって、
久しぶりにいい刺激になった感じ。

帯には、
解説から抜粋した、宮藤官九郎さんのコメント。
「見事なオチに戦慄を覚える」。

うんうん、そんな感じです。

表紙は白背景に赤と黒の文字。
タイトルのフォントが、ちょっと怖い。

中央には、
花瓶に入った黄色いバラの花束。

この花束、
上向きのバラはキレイに咲いている状態、
下向きのバラは、枯れている・・・。

またまた、ちょっと怖い。

各短編で表現されている、
人間の表と裏、本音と建前みたいなのが、
表現されているような印象です。

黄色は「幸福」ってことを表現してますよね。
「明るい」とか「表面的」なイメージもありますね。

それとも、
言葉巧みな表現を暗示して、
「コミュニケーション」とか「言語中枢」とかを意味してるのかしら。

ちょっと考えちゃうなー。

読み終わった後に、
色々考えさせられる短編ですかね。

興味ある方は、どーぞ^^





※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード