*All archives* |  *Admin*

2012/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
「自分を磨く『嫌われ仕事』の法則」

今日は本のご紹介!!

「自分を磨く『嫌われ仕事』の法則」
唐鎌謙二著
経済界

著者の唐鎌(からかま)さんは、
「日本最大級の
雨漏り職人ネットワークの主催」だそーです。

「建物の雨漏りを修理するプロフェッショナル、
人呼んで『伝説の雨漏りハンター』として、
一級建築士やベテラン大工など、
建物のプロですらあきらめる難しい雨漏りを、
最後の砦となって解決し続けている雨漏りの専門家」

読んでて知ったんですが、
雨漏りの修理って、かなり難しいみたいですね。
原因特定も難しいし、
一度修理しても、またってことが多いらしいです。

著者いわく、
「誰もが、やりたがらないけど、
誰かが、やらなければならない『嫌われ仕事』」
これが、「じつは宝の山」

雨漏り修理は、
「緊急に必要なため、相手から愛され感謝される」
「ライバルが少なくて、社会的意義が高い」

で、嫌われ仕事を続けることで、
「今の仕事に『誇り』が生まれる」

うーん、なるほどー。
確かにー。

職人気質的な話かなーと思ったら、
かなり冷静に仕事を分析してて、ちょっと驚き。

例えば、
「『緊急性』『必要性』『重要度』三要素を探そう」
「先の読めない時代でも『嫌われ仕事』なら勝機はある」
「どの業界にも『大成長の種』は眠っている」などなど。

目次はこんな感じです。

【目次】
1、自分を磨く「嫌われ仕事」は宝の山だ!
2、人生が変わる「嫌われ仕事」6つの法則
3、誰も知らない「嫌われ仕事思考」
4、自分を高める「嫌われ仕事」は時代の救世主

毎日仕事してると、慣れもあって、
つい取り組み姿勢が下がったりしますよねー。
そんなときにはお勧めです。

さらっと読めるんですが、
時々どきっとする文章に出会ったりして、
かなり新鮮な感じ。

表紙は白背景に黒文字。
葉っぱのイラストが入ってます。

葉っぱはクローバーかな?
何色かのグリーンを使って、
パッチワークみたいなデザイン。

イラストは他にもあって、
ありさんが数匹。
色んな色のブロックを運んでます^^

ありさんって、
「働き者」のイメージですよねー。
うん、そんな内容も入ってますね。

「嫌われ」ってちょっと強めの言葉ですが、
このイラストと色使いがあるので、
かなり柔らかい、手に取りやすい印象ですねー。

興味ある人はどーぞー。
次回もお楽しみにー。






※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード