*All archives* |  *Admin*

2011/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ファッションビジネスの世界(その7)

ファッションビジネスの世界、
続いてますねー。

今日は染めの話。

染めには2種類あるんです。

【先染(さきぞめ)】
糸の段階で染色し、
その色糸を織ってつくった織編物

【捺染(なっせん)】
白生地に型を用いて模様を施した織編物

世の中にはいろんな複雑な模様が出回ってますが、
これは「捺染」でプリントしたものが多いんですかねー。

染めに使う着色剤も2種類。

【染料】
水や油に溶かした状態で染める
容易に染めるとこができるが、
繊維によっては着色しないものがある

【顔料】
水や油に溶けないもの
樹脂を用いて布地に付着させる
どんな生地でも染着できるが、
布地が固くなったり摩擦に弱かったりする

ちなみに
塗料の着色剤は、ほぼ顔料です。
過酷な条件でも大丈夫なように、
物理的な評価が厳しかったりするんですよねー。

これも技術開発とか時代と共に変わるかもしれませんけどね。

さらに、ちなみに、
初期の携帯電話は黒が多かったですよねー。
この時代は個人所有じゃなくて、
レンタルの時代でした。

その後、個人所有となり、
シルバー全盛期を迎えるのですが、
この理由は、技術開発。

塗料の中に混ぜる光輝材(アルミ)の性能が
かなり改良されて、
一気に全盛期になったと言われてます。

開発者の苦労がうかがえますねー。
感謝ですね^^

話をテキストに戻して、
先染の代表的な柄をご紹介します。

■ストライプ&チェック
径糸と緯糸の交差によってできる。

【シングルストライプ】
同じ太さの細いストライプが等間隔で配置されたもの

AFTファッションビジネス7シングル20110828

【ペンシルストライプ】
狭い間隔で配置された単色の細い棒縞

AFT1級ファッション7ペンシル20110828

【チョークストライプ】
黒、紺、茶などの濃色に
白いチョークで線を引いたように見える棒柄

AFT1級ファッション7チョーク20110828

【ハウンドツース】
千鳥格子

AFT1級ファッション7ハウンド20110828

【グレンチェック】
千鳥格子とヘアラインと呼ばれるごく細い縞を
組み合わせた格子柄

AFT1級ファッション7グレンチェック20110828

【アーガイルチェック】
菱形を連続させた格子柄
アーガイルはスコットランド西部の地名

AFT1級ファッション7アーガイル20110828

【ブロックチェック】
市松模様

AFT1級ファッション7ブロック20110828

【タータンチェック】
スコットランド高地人が用いていた家紋としての
格子柄。色、柄に特色がある。

AFT1級ファッション7タータン20110828

【ジャガード】
ジャガード織機で織られた織物
装飾的で多色の模様を織ることができる

AFT1級ファッション7ジャガード20110828

ふむふむ。
いろんな種類があるんですねー。

ストライプ系は、
ビジネススーツでよく見かけますよね。

この面積だと分かりにくいけど、
スーツの大きさとなると、
受ける印象が相当変わりますよねー。

気に入ったものとか似合うものを
選びたいですよねー。

思ったより長くなっってしまった・・・。

次回はプリントの話。
お楽しみにー^^


※『AFT色彩検定公式テキスト1級編』(2010年4月2版発行)より抜粋
※色の表現に関しては、可能な限りで再現しています。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード