FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「番」
続いております、手作りヨーグルト。

今回のミニパンフは、
「番茶を楽しもう」

表紙20191014

中20191014

「番茶」って普段あまり飲まないです。

個人的には、
食事会場とかサービスエリアで、
「ご自由にどうぞ」なイメージ(笑)。

記事によると、
「一般的には高級ではない、
普段使いのできるお茶のこと」だそうです。

なるほど。

「普段使い」なんですね。

由来には諸説あって。

「『番』には『ふだん使い』という意味もあるので、
番茶と呼ぶ」
(番傘、御番菜(おばんざい)など)

「一番茶や二番茶の間に積んだもの」

「遅く積む茶という意味の晩茶から転じた」

ふむふむ。

始まりは特定できませんが、
広く普及しているのは事実。

番茶には、
「ポリサッカライド」という
血糖値を下げる成分が一番多く含まれていて、
身体に優しいそうですよ。

番茶は食事と一緒に摂るとこで、
糖の吸収を穏やかにしてくれるそう。

ただし、「熱に弱いため、水出しがおすすめ」

え?

ってことは、お湯だしした番茶って、効果薄い?

水出しの仕方は、
「水1リットルに対し、茶葉10から15g」
「冷蔵庫で3〜6時間」

作り方は簡単ですので、ぜひチャレンジを。

ちなみに私は、
冷たい飲み物が苦手。

冷蔵庫保管の飲み物は、
しばし常温放置してから頂きます。

そして猫舌。

熱い飲み物も、
しばし常温放置してから頂きます。

手間がかかる(笑)。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ファッションブランドのような。
「エイガールズ」

名前だけ聞くと、
ファッションブランドのような印象ですが、
実はテキスタイル屋(服地メーカー)さん。

毎年パリで開かれる世界的な服地見本市にて、
グランプリを受賞されたようです。

見本市は、
ブログでもご紹介してます「プルミエールヴィジョン」。

この「エイガールズ」さんは、日本のメーカーさん。

まさに、
「メイドインジャパン」ですなぁ。

今日は季刊誌「流行色」の特集記事。


「独創的な素材と、
スローインダストリーでつくる
エイガールズの挑戦」です。

エイガールズ20190713

株式会社エイガールズは、1972年設立の和歌山の会社。

ものづくりのポイントは。

1、「素材」

同じ機械で同組織にかけても、
素材の選び方、機械の使い方、糸取りの違いで、
全く違った製品になる。

2、「消費者の望むものと作るものが乖離しない提案力」

衣食住に趣向や生活スタイルの遊を加えて倣う。
市場や生活様式を調査する。

3、「アナログの『スローインダストリー(造語)」

大量生還から、付加価値をつけた味わいのある製品へ。

なるほど。

特に3番に関しては、時代の流れを感じます。

「スロー」という言葉も、
かなり一般的になりましたしね。

全てがのんびりになるといいなーと思ったりもする(笑)。

さて。

エイガールズさんの具体的な取り組みは、というと。

1、多品種小ロットで高付加価値の製品を輸出

2、美術館や市場調査、読書、写真などによる、
 インスピレーション

3、こだわり素材の定番

4、原料や糸へのこだわり

5、独創性豊かな「ブラックライン」

真似できない、
希少価値のある独創的な素材の製品ライン。

シャネル、ルイヴィトン、ディオールなどが使用。

6、営業からの要望を企画へ反映

7、強い信頼関係に基づく協力工場

ふむふむ。

「こだわり」に関して、
できる限りの全力な感じがしますね。

ここに至るまで、かなりの苦労が予想されます。

すごいなーと思ったのが、生産性のところ。

協力会社の1社で使っている「吊り機」。

通常の「高速丸編機」は1回転で24コース編めるらしい。

が。

「吊り機」は2コース。

単純に考えると、生産性が8割以上も減少。

うーん、普通できないよなー。

このこだわりが、
来場者の「ワァー!柔らかい!」の感嘆に繋がるんだな。

(製品を手に取る来場者の反応。ぜひ体験してみたい!)

そうは言うものの、と感じるのは、
会社勤めでは特に強く思うところ。

サラリーマン復帰から2ヶ月の私も、
強くつよーく感じる日々です(笑)。

さてさて。

ご紹介してきた「春号」ですが。
今回で終了となります。

次回から「夏号」をお届けします。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「温め食材」
「もやもや、イライラ、疲れやすい」

今日は「春バテ」についてです。

春バテ20190512

「『春バテ』とは、だるい、食欲がないなど、
夏バテのような症状が春先に起こっている状況」

主な原因としては、
「気圧と気温の変動」だそうです。

「春は気圧が安定せず、短期間で寒暖差が激しい季節」

「気温差に身体が対応しようとエネルギーを消耗し、
自律神経のバランスを壊しがち」とのこと。

そしてもう一つの原因が、
「社会的な環境の変化」

新年度、新学期の季節でもありますからねー。

「変化」というのは、
身体にとって全てストレスになる、と聞いたことがあります。

「心」は楽しかったりするんですけどね。

ずーと同じ気候、ずーと同じ環境だと「つまんない」し、
変化ばっかりだと、身体に堪える。

「身体」と「心」。

なかなか難しいところでもあります。

さて、対処方法ですが。

さすがドラッグストアさん!!

しっかり「春バテ対策アイテム」が掲載されてます。

が。

ここは見なかったふりにして、
その他の対策を(笑)。

まずは「身体を温めること」だそうです。

「血流を改善すれば副交感神経が優位になり、
自律神経が整ってくる」

「自律神経」と「副交感神経」

この2つのバランスも大切ですよね。

5つの方法が紹介されてます。

1、「温め食材」を選ぶ

寒い地域の食材。
固い食感。
しょっぱい、辛い味。
根菜。

お、面白いなーというのが「色」について。

「赤、黒、黄、オレンジ」な食材。

「赤身の肉、魚、人参、かぼちゃ、黒豆など」。

春バテカラー20190512

「赤身の肉」とか「魚」「黒豆」は聞いたことがあるけど、
「人参」「かぼちゃ」は初耳。

ま、人参は「根菜」だから、
「温め食材」だろうなー。

「かぼちゃ」は?

ここで色みの効果が出てくるのかな?

うーん。

あ、小麦粉は「身体を冷やす」と言われてますので、
「パン」より「お米」がオススメです。

さて。

「身体温め」対策の続きですが。

2、ぬるめのお風呂

「38から40度のお湯に、10から30分」

3、冷やさない工夫

温かい飲み物、靴下、腹巻き、
湯たんぽ、カイロ

4。深呼吸

いわゆる腹式呼吸を10回程度

5、ちょっと嫌なことをする(運動)

エスカレーターではなく階段、
電車で座らない、洗濯物を干すときに毎回しゃがむなど。

なるほどー。

上手に対処して、無事に「春」を終えたいですな。

ここが上手にできないと、
夏の終わりから秋口に体調崩しやすくなるらしい。

季節を乗り切るって、かなり重要。

ご参考までに。

冊子のイラストは、全体的にほんわかした色使い。

淡い色調で「パステル」とも言えるかな。

タイトル文字はピンク。

ピンク系の割に読みやすのは、
文字が大きいからかな。

この冊子、
女性向けなんだろうなー。
(ま、男性は読まないであろう)

読者(という言い方でいいのかな)が限定されてると、
色使いもデザインも、
記載する内容も絞りやすい。

こういった冊子、
たまに頂くのもいいもんじゃのぅ。

ではでは。
次回もお楽しみに。



※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「これ以上に買わないようにしている」
今さらですが。

必要に迫られ、
最近ツイッターとインスタを始めました。

まだよく分かってなくて、
うーんと思うこともしばしば。

そして。

便利じゃのぅと思うこともしばしば。

今日は、
SNSを普通に使い、
「若者の気持ちは分からない」の筆頭に上がる、
「LINE下世代」について、です。

年齢でいうと「18から21歳」
(伊藤忠ファッションシステムの世代区分)

「団塊ジュニア世代(1971から76年生まれ)を両親に持ち」

ん?
私か?(笑)

「子供時代に米国同時多発テロや東日本大震災など、
経済的にも社会的にも目まぐるしく変化する中で育つ」

ふむふむ。

彼、彼女らの消費行動は。

1、無駄な買い物はしない。
お金の使い方、モノの量の適性を見極める。

2、日常(今)にフォーカス
自分の実感を重視

3、堅実志向
よく吟味してから手に入れる

4、等身大志向
自分のキャパは超えない、無理しない

5、高校、大学時代を楽しむ
「気持ちが高まる」感に浸る

6、SNSネイティブ
使いこなしながら、新たな楽しみ方を発明している

7、自分の「惹かれる気持ち」を大切にする
人と同じでなくてもOK

8、続けることが一つの価値
変わらない拠り所、本質を求める

割としっかり者で、個人主義な印象ですな。

解説のまとめによると。

「堅実で等身大志向の親に育てられた世代」

「多様性を受け入れる土壌を持ち、
SNSリテラシー(読み書き能力、活用色)も高い」

「健全で賢い生活者になっていく」

なるほどー。

親からの影響も強いですからねー。

記載されている高校生のコメントで、
個人的に印象深いものを上げると。

「高品質かどうかを重視する」

「周囲からは変な人と思われているが、
オリジナリティがある方が人生面白いと思っている」

「おしゃれの参考はインスタがメイン」

「雑誌も漫画も好き。
ただ、本棚に収まりきらないので、
これ以上に買わないようにしている」

特に一番最後のコメント。

賢い感じがしますねー。

素晴らしいです。

※欲しいものは買う主義の私。
「堅実な買い物」が苦手なのです・・・。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

LINE世代20190427


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「季節の変わり目」
続けております「ケフラン」ヨーグルト。

今回は「季節の変わり目」特集。

中20180509

「いよいよ春本番
季節の変わり目にご注意」

「毎日の忙しさで、
心身が発する小さなサインを見逃してしまう事も」

「食事服装等、
身近な事から気にかけて下さいね」とのこと。

季節の変わり目は、
身体が気候についていかないですからね。

暖かくなってから、
2週間くらいは注意が必要です。

春といえば、
解毒作用の高い食べ物、
要は苦い食べ物がいいというのは定番ですよね。

フキノトウとかタケノコが多いですが。

パンフによると、
「アスパラガス」「春キャベツ」もオススメだそうです。

アスパラは、
「代謝を高め、疲労を回復。
抵抗力を高める」そうです。

春キャベツは、
「消化器の炎症を改善。
風邪防止に効果的」とのこと。

なるほどー。

苦くなくてもいいんですね。

ちなみに。

我が家の家庭菜園では、
もらったアスパラが植えてありますが。

残念ながら、あまり収穫できません。

アスパラは、
育てるのが難しいようですな。

数年で根っこ自体もダメになるそうですし。

そう考えると、プロの農家さんはすごいですね。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

表紙20180509

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード