*All archives* |  *Admin*

2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
相反する感じ。
昨日に引き続き、
トレンド情報のご紹介。

今日はテキスタイル見本市。

2017年秋冬向け、
「ミラノ・ウニカ」の情報です。

2017AWミラノウニカ20170419

イタリアで開催された見本市。
テキスタイルと服飾資材向けの国際見本市です。

日本企業も含め、計442社が出展。
前回よりも増えたようです。

解説によると、
「違和感のあるものをぶつけ合わせ、
反発しあうような動き」

「静の中に動、動の中に静が
表裏一体となって共存し合う」

なるほど〜。

相反する感じ、がポイントですかね。

昨日ご紹介したプルミエールヴィジョン(服地見本市)でも、
「野心的で静謐(せいひつ)」
「二元性」がテーマになってましたよね。

ますます複雑化したり、
創造したりする流れになってきてますかね。

トレンドテーマは3つ提案されてますので、
ご紹介します。

1、変容する物質

金属の化学作用を感じさせるような色調。
着古した感覚を象徴するようなカラー。

2、幾何学的思考と自然との出会い

無彩色中心。
主張は白と黒で、
ゴールドとシルバーグレーが東洋の雰囲気。

3、創造は細部に宿る

スモーキーパステル。
微妙なニュアンスを感じさせる色調。

うーん。
「ニュアンスカラー」は出現頻度が高いな。

単純ではない、複雑さ。
ちょっとだけ何かが足された感じ。

そんな流れですかね。

ご参考までに。

さて。

のんびりご紹介してきました流行色情報ですが、
季刊誌「流行色」冬号の内容が終わりました〜。

次回から、
「春号」のご紹介になります。

やれやれ。
やっと終わった感です(笑)。

のろのろとすみません・・・。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
「ジャンキーなヒヨコ」
今日はトレンド情報のご紹介。

2017年秋冬向けの、
服地見本市「プルミエールヴィジョン」の情報です。

2017AWプルミエール20170418

この見本市は、
フランスパリで開催される見本市。

世界的に影響力を持っているそうです。

解説によると、
「野心的で静謐(せいひつ)」
「バーチャルな世界とオフライン」などの、
「二元性がトレンドテーマ」だそうです。

素材テーマは2つ提案されています。

1、野心的で簡素

見た目はシンプルだが中身は官能的で機能的。
未来に向けてのモード。
内面的なテーマ。

2、勇猛果敢な精神

エネルギーを表現。
今までではありえないジャンルのものを組み合わせ、
素材を楽しむ。
外向的なものを求めるテーマ。

なるほど〜。

「二元性」を表すための、
2つのテーマ、ということらしいです。

この2つのカラーグループは、
「打ち消し合うのではなく、補完関係」だそうなので、
組み合わせがポイントになるかと。

さて。

気になるカラーは。
「デリケートなカラーとマルチカラーの二元性」とのこと。

様々な色が提案されてますが、
中でも注目色は、
「ジャンキーなヒヨコのイエロー」と、
「グリーンみが入ったブルー」らしいです。

「ジャンキーなヒヨコ」・・・。

うーん、何だろ?と、
素朴な疑問はさておき、
青みを感じるイエローのようです。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
2017春夏向け海外トレンドカラー(メンズ)
今日は季刊誌「流行色」より、
トレンド情報のご紹介。

2017年春夏向けの海外トレンド
メンズバージョンです。

2017SS海外メンズ20170414

2017SS海外メンズ220170414

解説によると、
キーワードは「自由」「旅」「スポーツ」

「静的なファッションが減少し、
代わって動的なファッショントレンドが数多く登場した」とのこと。

なるほど。
トレンドは少し違う方向に動いているようです。

スタイリングに関しては、
4つにまとめられています。
(画像上)

1、自由度のあるスタイリング
若々しさ、斬新さ、荒々しさ

2、ストロングプリント
サイケデリックなプリントをベースにしながら、
エレガントなスタイル

3、スポーティ
クラシカルなスポーティでありながら、
若々しいファッション

4、旅
民族調をベースにしながら、
モダンで都会的

うーん。

スポーティな雰囲気のトレンドが、
やや洗練された感じでしょうか。

さて。

カラーに関しては、
「光のニュアンスがキーワード」

「静寂感のあるカラードグレーと
ポップなスポーティカラーに注目」だそうです。
(画像下)

カラーグループは4つ。

1、カフェ、ビーンズ
珈琲豆の焙煎や抽出
ナチュラルなブラウン中心

2、水平線
静粛で澄みきったクリーンなムード
水平線に光があたる、心地よい輝き
グレー、グレイッシュトーン

3、広範囲のブルー系
広がり感のあるブルーが特徴
淡色から濃色や緑みから赤みの色調がポイント

4、キャンディカラー
ポップで高彩度
アクセントカラーは、
ローズピンクやクロムイエロー

ふむふむです。

ブラウン系やグレー系は、
レディースでもよく見かけますよね。

ここは同じような動きなのかな。

ブルー系は更に進化したようで、
画像では青みを感じる深いブルーが掲載されてます。

ブルー系のトレンド、長いですね〜。

4番に、
「ローズピンク」と「クロムイエロー」とありますが、
画像を見る限り、
もう少し淡い色調なのかな〜と思います。

ただし、
「ローズピンク」は黄み寄り、
「クロムイエロー」は赤み寄りでしょうか。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
2017年春夏ヨーロッパコレクション
昨日に引き続き、コレクションのご紹介。

今日は、
2017年春夏向けのヨーロッパコレクション情報です。

2017SSEU20170407

全体傾向は、
「穏やかに変化した大人のリアルなロマンティシズム」
「マリン、セーラーのユニフォームに、アウトドアテイスト」
「継続の装飾はぐっと控えめに」
「80年代の『ストロングウーマン』の復活」などなど。

なるほど〜。

最近やたら目にする、
「リボン」「ラッフル」
「大きな袖」「プリーツ加工」なんかは、
「穏やかに変化した大人のリアルなロマンティシズム」の
流れでしたか〜。

何だか納得。

このスタイルの着こなしは、
「上半身にボリュームを持たせる」のが主流だそうです。

さて。

カラー傾向は4つ解説されています。

1、オーガニック・ホワイト

暖かさを感じさせる黄み系が主流

2、メロー・オレンジ

オレンジもイエローもエレガントな表情へ。
イエローは彩度を落としたマイルドなカラーで。

3、モダン・グリーン

にごりのないオリーブ、強いボトルグリーンなど。

4、ディープ・ブルー

淡いアクアからダークなインクまで多面的

ふむふむ。

白系カラーは、
昨日のニューヨークコレクションでも解説されてましたね。

トレンドの王道でしょうか。

オレンジは両コレクションともに登場。
グリーンも色みに差はありますが、
共に登場してますね。

一方で、
ブルー系はヨーロッパのみに登場。

ニューヨークコレクションでは、
ブルー系に限らず、色みの鮮やかな色域が登場してます。

ご参考までに。

あ、そうだ。

私事ですが、
縁あって来週から、
お店(ブティック)のお手伝いをすることになりました〜。

週数回の予定ですが、
今まで以上にバタバタと忙しくなりそうです。

伴いまして、
ブログの更新頻度が落ちるかと・・・。

すみませんが、
のんびりお付き合いくださいませ〜。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
2017年春夏ニューヨークコレクション
すっかり春を感じる今日この頃。
流行色情報は「春号」が届きました。

毎度のことですが、
流行色情報を全てご紹介する前に、
次の季刊誌が送られてくる。

ちとのんびりで、申し訳ない。

今日は、
2017年春夏向けのコレクション情報。

ニューヨークコレクションのカラー傾向です。

2017SSNY20170406

全体傾向としては、
「たくさんの花柄を盛り込んだスタイル」
「平面構成を服に投影したデザインが浮上」
「ナビッシュ・ガール」
「アスレジャー(アスレチックとレジャー)」などなど。

「ナビッシュ・ガール」は、
カントリー・ミュージックの人気と共に、
アメリカ南東部テネシー州の
ナビッシュ・ビルのイメージだそうです。

ナビッシュ・ビルは、
ミュージック・シティと呼ばれているそうです。

エルビス・プレスリーモチーフや、
派手なスタッドとフリンジ装飾などを指しているようです。

「たくさんの花柄」って難しいですよね。

写真では、
花柄オン花柄みたいな柄ですが、
組み合わせが難しい感じがします。

そして。

ふふっ。
ナビッシュガール、かわいいです^^

インパクト大なメリハリ配色で、
威圧感ありつつ、かわいさもある印象。

個人的には難しいコーディネートですが(似合わないから)、
街で見かけたら、目で追ってしまうかも。

さて。

気になるカラー傾向は4つ解説されています。

1、カラード・ホワイト

ほんのりと色付けされた霞がかったようなペールカラーや、
ニュアンスのあるホワイトのカラーグループ

2、モダンパステル

注目は、オレンジやピンク等の暖色系。

3、プリミティブ

土の色、森の深い緑、
沈みかけた太陽の燃えるようなオレンジからこげ茶等

4、パッション

ビビッドカラー中心
高彩度イエロー、オレンジ等を中心に
ネイビーやモノトーンとの配色

「カラードホワイト」は、
定番とも言えるくらいになりましたね。

組み合わせしやすいですし、
使い勝手のいい色たちです。

3番の「プリミティブ」な色、
かなり見かけます。

先日春物を買いに行ったときも、
あちこちで見かけ、いくつか購入しました。

「今年っぽい」色を1色持ってると、
「トレンド知ってます」的なアピールにもなる(笑)。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ

すっかり春を感じる今日この頃。
流行色情報は「春号」が届きました。

毎度のことですが、
流行色情報を全てご紹介する前に、
次の季刊誌が送られてくる。

ちとのんびりで、申し訳ない。

今日は、
2017年春夏向けのコレクション情報。

ニューヨークコレクションのカラー傾向です。

※2017SSNY

全体傾向としては、
「たくさんの花柄を盛り込んだスタイル」
「平面構成を服に投影したデザインが浮上」
「ナビッシュ・ガール」
「アスレジャー(アスレチックとレジャー)」などなど。

「ナビッシュ・ガール」は、
カントリー・ミュージックの人気と共に、
アメリカ南東部テネシー州の
ナビッシュ・ビルのイメージだそうです。

ナビッシュ・ビルは、
ミュージック・シティと呼ばれているそうです。

エルビス・プレスリーモチーフや、
派手なスタッドとフリンジ装飾などを指しているようです。

「たくさんの花柄」って難しいですよね。

写真では、
花柄オン花柄みたいな柄ですが、
組み合わせが難しい感じがします。

そして。

ふふっ。
ナビッシュガール、かわいいです^^

インパクト大なメリハリ配色で、
威圧感ありつつ、かわいさもある印象。

個人的には難しいコーディネートですが(似合わないから)、
街で見かけたら、目で追ってしまうかも。

さて。

気になるカラー傾向は4つ解説されています。

1、カラード・ホワイト

ほんのりと色付けされた霞がかったようなペールカラーや、
ニュアンスのあるホワイトのカラーグループ

2、モダンパステル

注目は、オレンジやピンク等の暖色系。

3、プリミティブ

土の色、森の深い緑、
沈みかけた太陽の燃えるようなオレンジからこげ茶等

4、パッション

ビビッドカラー中心
高彩度イエロー、オレンジ等を中心に
ネイビーやモノトーンとの配色

「カラードホワイト」は、
定番とも言えるくらいになりましたね。

組み合わせしやすいですし、
使い勝手のいい色たちです。

3番の「プリミティブ」な色、
かなり見かけます。

先日春物を買いに行ったときも、
あちこちで見かけ、いくつか購入しました。

「今年っぽい」色を1色持ってると、
「トレンド知ってます」的なアピールにもなる(笑)。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード