FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
深め青。
今日は流行色のご紹介。

途中になっている、
2019年春夏のトレンド情報。

今日はプロダクツ&インテリアカラーです。

2019SSプロダクツ20180922

テーマは、
「オン・ユア・マーク(位置について!)」です。

新しい傾向は3点あるそうです。

1、清廉な「白」

わずかに色みを帯びたカラードホワイトから、
ペールトーン、パステルトーンの色域。

2、変幻自在な「水」

ブルー系に注目。
併せてグリーン系のも注目。

3、確かな手触り

「手で触る感覚」が注目されている。
「乾いた土」の触感が焦点。

ふむふむ。

上記新しい傾向をもとに、
具体的なカラー提案を考え、
提案色は、4つののカラーグループで構成されています。

1、秘密の

海の青、空の青。
その青は古来の憧れだが手にすることはできない。
人類が未だ解き明かすことのできない秘密。

2、受け入れる

異なる他者を受け入れること、
寛容になること、優しい気持ち

3、奇妙さ

現実から逃避させてくれる光を放つような色彩

4、倫理にかなった

互いに思いやりながら共存するための色

ふむふむ。

青系といっても深い青が提案されてますね。

インターカラーも深めの青なので、
キーカラーになりますかね。

深め青、確かに神秘的ですよねー。

落ち着き感もあるし、不思議な印象もあります。

ぜひ取り入れてみてください。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
「ピースフル・ジャーニー」
今日は流行色のご紹介。

ちょっと空いちゃいましたが、
2019年春夏向けメンズファッションです。

2019SSM20180908

テーマは、
「ピースフル・ジャーニー」

中心となるイメージは、
「世界中の民族色豊かなローカル地域を、
ボーダーレスに、
自由に旅するトラベラーズスタイル」とのこと。

カラー選定会議で注目された点は、3点。

「平和主義、民族の交流、理解に向けたファッションメッセージ」

「地中海、インド、アフリカ、スコットランド等の民族の交流地域」

「スポーツのファッション領域への影響と波及効果」

上記3点を加味し、
「ピースフル・ジャーニー」となったそうです。

さて。

提案色は、
5つののカラーグループで構成しています。

1、アーバン・コロニアル

砂漠の乾いた地表の色と草木が生育する肥沃なオアシス。

アウトドアユースでありながら、
エレガントさを内包したモダンなサファリスタイル。

2、メディテリニアン・ビーチ
(地中海の砂浜)

地中海は古くより貿易や文化の盛んな海の交通の要所。

様々なカルチャーの創出、
ミックス感が作り出すカラーグループ。

穏やかなビーチのマリンスタイル。

3、ウェイトレス

今シーズンのトレンド象徴。
80年代のポップカルチャーをイメージ。
ペールトーンカラーが特徴。

4、トライバル・セーラー

南アジア地域、特にインドをイメージ。
多種の香辛料スパイスが織り成すカラー、
インドの歴史的な建造物や生活に密着した河川等の
自然が描き出すカラー。

5、アクティブ・コミューター

アクセントカラーのなるカラーグループ。
人工的でケミカルなニュアンスが特徴。

ふむふむ。

レディースファッションと比較すると、
ペールトーンは、ややくすみ感あり。

深めの色は、より深い感じですかね。

うーん。

メンズでも深めの色域が提案されてますね。

春夏向けですが、面白いですねー。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「服のサイズは」
今日はストリートスタイルのご紹介。

2018年春の、
ストリートファッションの総括です。

ストリート20180901


大きな流れとしては、
「ジェンダーレスなビックシルエットが継続」

解説は4点にまとめられてます。

1、VANS

スニーカーで着用率上昇。

シンプルなデザインと
機能性により人気が再燃。

2020年東京オリンピック競技に
スケートボードが決まり、
スケーター人気が高まっている影響もあり。

2、イエロー

人気が集中。

小物だけでなく様々なアイテムにて。

鮮やかなビビッドカラーがトレンド。

3、トレンチコート

カジュアルでルーズなものが旬。

「2way(3way)トレンチ」も注目。

4、バーバリー

「バーバリーチェック」が注目の的。

ふむふむ。

「ビックシルエット」も定着したみたいですね。

解説では、
「服のサイズは着る人の自由意志で選ぶ」とあります。

そうか、そんな時代かー。

「個性」とか「自分」とか「意思」とか。

まずますそんな言葉が重要になってきましたな。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「深海」
今日は流行色のご紹介。

先週ご紹介したのは「インターカラー」。

国際流行色会議で決定した流行色を、
日本流行色協会が日本向けに再検討したもの。

今日は、
2019年春夏向けレディースファッションです。

2019SSL20180825

テーマは、
「Tangible(タンジブル)」

「実体的な、現実の」という意味だそうです。

「ファッションが本来もつ
アナログでリアルな価値を大切に」

解説によると、
「高度に効率化、情報化された
ものづくりの本質が見えにくくなった現代において、
ファッション本来のもつ手触り感や手仕事といった
アナログでリアルな価値を大切に」

「リアル感と個性追求のバランス感に優れた
ミレニアル世代による新しいファッションパワーへの期待」

あ。

「ミレニアル世代」とは、
「米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代」

特徴は、
「インターネットが普及した環境で育った最初の世代で、
情報リテラシーに優れ、
自己中心的であるが、他者の多様な価値観を受け入れ、
仲間とのつながりを大切にする傾向があるとされる」
(コトバンクより)

ふむふむ。

そーいえば。

この世代に関して、「流行色」でも特集記事が出ていた気がする。

さて。

提案色に関しては、4つののカラーグループで説明しています。

1、ナチュラルクリーン(自然な清潔感)

高明度寄りのトーンを意識した都会的なナチュラルカラー
(高明度:白っぽいの意味)

2、マインドフルネス(瞑想)

心身の健康や美しさをイメージ。
パステルカラーを光沢やメタリックな質感で軽快に。

3、サイン・フラッグ・シグナル(手旗信号)

国旗や様々な旗をイメージ。
視認性が高く、明快でアクティブな印象。

4、ディープ・シー(深海)

豊かな自然の宝庫、謎多く神秘的な深海がイメージ。
鈍く光るメタリックなダークやディープカラー。

なるほど。

春夏にしては、
「深海」イメージは面白いですかね。

個人的には「深海」好きなので、
ちょっと挑戦してみたいところ。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「頭が自由になる」
今日は流行色のご紹介。

2019年春夏向けの、
インターカラー情報です。

2019SSインターカラー20180819

「インターカラー」は国際流行色委員会。

各国の代表が集まり、
流行色の選定を行う会議です。

2019年春夏のテーマは、
「ACTIVISM」

「行動主義」だそうです。

解説によると、
「少なからず危機感を感じている政治状況を受けて、

私たちが守るべきものを守るために行動して行こう、

異なる意見を排除するのではなく、
それぞれのアイデンティティを許容しながら、

よりよい世界を実現していこうという声明」

あ。

「政治状況」の説明は。

「ダイバーシティ(多様性)が叫ばれて長いが、
特にアメリカの政治は、
ダイバーシティとは真逆の、
主導者の意にそぐわないものは排除する方向に向かっている」

うーん、なるほどー。

政治の世界も混沌としてるのかなー。

さて。

提案色のカラーグループは5つです。

1、「どこへでも」の人

人の肌に見られるブラウン系を基調に、
他の色を強めの対比感を持たせて組み合わせる。

いつでもどこでも
世界中の誰とでも会話ができる現在を示すタイトル。

2、しっかりとした

土の質感を意識しながら、
赤み、渋いオレンジ、モーブ系を基調。

わずかに青みがかったグレー、イエローをアクセントに。

3、頭が自由になる

デジタル空間に疲れた、頭を休めるための色。

白を基調に、
半透明素材で表現された淡いパステル系を組み合わせる。

4、残光

水、湿気、液体、光の色の質感で用いるための、
ダークグリーンからダークブルーを基調。

5、異常性

光を感じさせる高彩度色やメタリック、
マットな質感で変化をつけて活躍するグループ。

ふむふむ。

中でも一押しのカラーグループは、
3番の「頭が自由になる」だそう。

「今季もっとも新しい傾向を示す」提案で、
「全体に白っぽい配色を作るためのカラーグループ」だそうです。

確かに、カラーチップを見てるだかで、
ほっとするような色が並んでます。

「隠し事のないクリーンなイメージ」
「幻想的なイメージ」がオススメとのこと。

ご参考までに。

ではでは。

次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード