FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
「世界を旅するトラベラーズスタイル」
今日はトレンドカラーのご紹介。

2019年春夏向けのメンズファッション、
アップデート版です。

2019SSUDM20190324

「世界を旅するトラベラーズスタイルをイメージ」

キーワードは、
「スポーツ、民族調、フォークロア、
ストリート、ヒップホップ」

提案色は5つのグループで構成されてます。

1、アーバン・コロニアル

ベーストレンドを構成するグループ。
砂漠の乾いた地表の色、
草木の生息する肥沃なオアシス。

2、メディテリニアン・ビーチ

地中海、盛んな海の交通要所。
様々な民族、風土が混ざり合ったカルチャーを創出。

3、ウエイトレス

今シーズンのトレンドを象徴。
80年代のポップカルチャー。
ペールトーン中心。

4、トライバル・セーラー

今シーズンのファッションイメージを象徴。
南アジア、インドをイメージ。
多種の香辛料スパイスの織り成す色味、
インドの歴史的な建造物や河川等のカラー。

5、アクティブ・コミューター

コンシーズのアクセントカラー。
人工的でケミカルなカラー。

ふむふむ。

アクセントカラーは、
白、青、黄の3色が提案されてます。

青はちょっと濃いめ。

ネイビーまではいかないくらいかな。

黄はやや青みを感じる黄色。

ここが「ケミカル」な印象ですかね。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに〜。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
人気のイエロー系は。
今日は流行色のご紹介。

2019年春夏のアップデートカラー。
レディースファッション編。

2019SSUDL20190316


大きな流れとしては、
「ベージュ、ホワイトをベースに、
パステルやストロングカラーで華やかさを」

カラー選定は、
「リアル感があり使いやすく、
かつ新鮮な構成を意識して選定」とのこと。

カラーグループは4つ提案されてます。

1、ナチュラル・グリーン

ベージュとオークルを中心とした
今シーズンベーシックカラー。

2018年人気だったイエローは、
明度を上げ、緑みに振ると新鮮。

2、マインドフルネス

空気のように軽やかなパステルカラー。

コレクションでは
ピンクのバリエーション多し。

3、手旗信号

スポーツマインド高まりに期待。

ストロングからブライトトーン中心

4、ディープ・シー

晩夏に最適なダークカラーと
ブラウン、ブラック

ふむふむ。

人気のイエロー系は、
ちょっとだけ色調が変わるようです。

オークルは、
「イエロー系のブラウン」とあります。

「大地」なイメージのオークル、
どーですかね。

鮮やかな色調は、
やや落ち着きのある色調になったようです。

ご参考までに。

さて。

全く関係ないですが、私事のご連絡。

契約の延長延長で、
最終的に1年以上となったバイト先、
今月で契約満了です。
(当初は半年の予定)

来月はちとのんびりの予定で、
5月からまた勤め人になります。

びっくりしてるのが、
こういった目に見える動きというか流れというか。

気学の流れとビタっと一致。

絶妙なタイミングで物事が進んでいるのが、
ほんとよく分かる。

恐るべし、気学。

皆さん、
5月は「超繁忙」ですからね。

4月に休まないと持ちませんよー。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
巷では。
3月に入り、
少しずつ暖かくなってきている気がする。

流行色業界では、
早くも、
2019年春夏向けのアップデートカラーが発表されてます。

シーズン直前に公開されるアップデートカラー。

今日は、
プロダクツとインテリアカラーです。

2019SSアップデートP20190309

大きな特徴としては、
「スポーツ熱の高まりを表現する
オレンジやイエロー」

「ニュアンスのある白、様々な水のブルー」

解説によると、
「2020年東京オリンピックや
2019年ラグビーワールドカップなど
『スポーツ』に話題が集まっている」

「今スポーツが注目されるのは、
単にスポーツイベントが開催されるからという理由だけではなく、
『素材』『ファッション』『健康』の3点から
今後ますます重要な要素になる」

ふむふむ。

健康ブームも続いてますからねー。

いくつかの要素が重なっての、流行。

楽しみですねー。

さて。

3つの要素を簡単に説明しますと。

「素材」では、
「スポーツ用に開発される素材の機能」

「ファッション」では、
「スポーツ素材の持つ機能性とファッション性の融合」

「健康」では、
「心と身体を動かす色」だそうです。

そして注目カラーは。

1、水

水の様々な表情、透明さ、清らかさ、
濡れたような質感

2、白

純白、ニュアンスのある白、
わずかに色みを含んだ白

3、陽気なイエロー〜オレンジ

スポーツ熱の高まり、明るい感情を表す楽しい表現

4、大地を思わせる質感と色調

多色使い。
「クロスカルチャー」を表現

かなりわかりやすい解説ですかね。

オレンジ系はいいですね。

明るく元気が出る色です。

「多色使い」は、
様々な民族、文化が混ざり合うイメージですかね。

淡い色じゃなくて、
ある程度、
鮮やかなさのある色を使うのが
ポイントになるかな。

ご参考までに。

ちなみに個人的には、
あまりスポーツとは縁のない生活を送っておりますが、
巷では話題なんでしょうなぁ。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「貼る、つける」
先日に引き続き、
トレンドカラーのご紹介です。

今日は2019年秋冬向け、
メイクアップカラーです。

2019AWメイク20190302

「アナザー・フェイス(新しい顔)」。

日本流行色協会さんによると、
「多様性がいわれる時代
新しい価値観の提案が求められる」

「何もしていないように見せるメイクアップや、
ジェンダーを問わずに一緒に使うシェアコスメなど、

これまでの認識やカテゴライズできない新しい価値の提案が
ますます求められる」

「これまでとは違う表現による
『別の顔=アナザー・フェイス」を手に入れて、
新しい時代に進む」とのこと。

なるほど。

なかなかチャレンジャーな提案ですな。

メイクの場合、面積が小さいので、
ファッションより取り入れやすい気もします。

どーでしょう?

さて。

カラーグループは4つ提案されてます。

1、毒のある欲望

強くてかっっこいい女性を表現する
強さのある自立した色

ほんの少し濁りを感じる
ディープやストロングなカラーグループ

2、継ぎ目のない気づき

ジェンダーを問わずに使える、
肌を主役にするヌーディーペールパステルカラー。

3、デジタルな感覚

画面でみるような蛍光色を普通に使いこなすために、
透明感で強さを調整したり、
ニュートラルな色、ベーシックな色と組み合わせるなど。

4、動きに適した

インスタ映えの次は、動画で勝負。
写真では表現しきれなかったツヤや輝き。

新たなイメージ表現の幅を広げるパレット。

ふむふむ。

面白そうなのは、4番目の提案。

「描くだけでなく、貼る、つけるなど
シールやシートなどにして
新たなメイクアップ方法も提案できそうだ」

ま、顔全体を「シールで」
というわけにはいかないと思うけど。

ポイント使いができれば、
メイク直しもいらないだろうし、
時間短縮にもなるんじゃないかと。

うーん。

パーティメイクとは舞台メイクじゃなく、
普段使いできるかようなアイテムが出回るといいなー。

ちと期待です。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「いろはにほへと」
今日は先日に引き続き、
トレンドカラーのご紹介。

2019年秋冬向け、
プロダクツ、インテリアカラーです。

2019AWインテリア20190223

タイトルは、
「色は匂えど(いろはにほへと)」だそうです。

ちょっと長いですが、解説文を紹介します。

「私たちの生活では、
仮想空間で情報収集したり、
仕事したりする時間が格段に増えた」

「仮想空間での疑似体験は、
今後ますますリアルになっていくだろう」

「だからこそ人と人が直接触れ合う体験、
その場の空気を身体で感じて、共有する時間が、
今以上に求められるようになる」

「このような時代背景にあって、
デザインには、
色、素材、形、表面仕上げなどの視覚に訴える要素のみならず、
手触りや香りといった、
触感、臭覚など『体感』する要素が重要になってきている」

「オリンピック開催を控え、
身体全体で感じられる、心が動く色であって欲しい」

「体感したい色彩に寄せて、
香るような色、情景(色)が浮かぶ香り、
という意味が込められている」

なるほど、ですねー。

色を見て、何かを香る、
というのは非日常でもない気がします。

あ、これは個人的な体験かな?

柔らかい色調を見れば、
ほのかに香る花のような匂いを感じるし。

美しい緑を見れば、葉っぱの匂いとか土の匂いとか。

うーん、個人差の大きそうなところですな。

さて。

ファッションカラーと同じように、
東京オリンピックを意識しての提案ですね。

オリンピック、
かなり大きな動きになりそうです。

続いて具体的な提案色のご紹介。

カラーグループは4つです。

1、誘われて

色のイメージ:生命が持つ生きるための欲望

香りのイメージ:果実の濃厚さ、果汁感

あらゆる生物が誘われるような甘さを
花の香り、はちみつの香りを加えることで表現

2、地に立つ

色:大地に存在する感覚

香り:大地にしっかりとたたずむイメージ

3、森の謎

色:懐かしい森の記憶

香り:森の中を歩くときに癒される感覚

4、宇宙のため息

色:宇宙への憧れ

香り:想像の域を超えることができない宇宙。

ふむふむ。

うーん、
色のイメージと香りのイメージ両方がある。

どーですかね?

よりイメージしやすいのかな?

このやり方は今シーズンからの提案になったそうです。

今回は初回ですが、
何シーズンか経過すると、
分かりやすくなるかも、です。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード