*All archives* |  *Admin*

2018/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
ヨーロッパは。
昨日に引き続き、
コレクションのご紹介。

今日はヨーロッパコレクションです。

2018SSEUコレクション20180423

2018年春夏のヨーロッパコレクションでは、
「ルイヴィトンウループトケリンググループが開催前に
『16歳以下、XSなどの痩せすぎ、若すぎるモデルの起用禁止」
の声明を出した」そうです。

そのため、
「ステージの上は健康的なスタイルと様々な肌の色のモデルで彩られ、
グローバルで活気にあふれたステージとなった」

「オープンエアを意識した舞台設定も多く、
春夏らしい爽やかで肩の力が抜けた自由な雰囲気横溢」

ふむふむ。

確かにモデルさんって体型維持が難しそうですよね。

ただ、
この問題は賛否両論なので、何とも言えんですな。

全体的なトレンド傾向は、
カラー・セラピー(色による癒し)、
ハイテク・ハイクラフト、
予想できないほど大胆な組み合わせ、
スポーツリミックスだそうです。

個人的に気になる「カラー・セラピー」。

解説によると、
「穏やかなエコロジーの色、地球にブルーとグリーン、
希望を表すイエロー、幸せカラーのピンクなどが
数多く登場した」

ふむふむ、なるほどーな印象。

あえて「セラピー」と言わなくても、
常に色には癒されてますけどねー。

たまに意識するのもいいことだと思います。

気になるカラー傾向は4つ紹介されたます。

1、クール・パステル

ラベンダーから淡いミントグリーン、アクアブルーなど
寒色系のパステル。

2、スキン・ベージュ

ヌードベージュあらサンド、ピーチ、トープ、オークルなど。

リネンやコットン、オーガンジーなどの透け素材まで
幅広く用いられている。

3、フラッシュ・ピンク

今シーズンはパステルより、
成熟感のあるコーラルに少しよったマチュアな(成熟した)ピンクに注目。

4、スプリング・グリーン

春らしい息吹を感じさせるグリーン。

色味のはっきりしたフォレスト、ボトル、
オリーブが継続する一方、
アニス、モス、セージなど
明るく、ややくすんだ黄緑が台頭。

ふむふむ。

ピンク系の色みが濃くなったのは、
ニューヨークコレクションと同じ流れですかね。

ピンク系とベージュ系の流れとか、
淡めのブルー系パステルも同じかな。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
「春夏っぽい」感じ。
昼間はぐったりするほどの暑さ。
夏が近付いておりまする。

そんな中、春夏コレクション情報。
今日はニューヨークコレクションのご紹介。

2018SSNYコレクション20180422

公式日程を1縮小し、
7日間となったニューヨークコレクション。

「規模縮小を感じたのは否めない」とのこと。

大きな動きとしては、
「米国ファッションデザイナー協議会は、
米国自由人兼協会を支援することを発表」

「人種差別や偏見、憎しみに反対して堂々と発言しようと促す」

「『自由・人権・平等・個々の尊重』などを表現する形で、
昨シーズン以上にプラスサイズ、シニア、
トランスジェンダーのモデルを生かして多様性の応えた」とのこと。

ふむふむ。

日本と違って、
様々な人たちが暮らしてますからね。

なるほどーな動きに感じれますな。

大きな傾向としては、
レトロモダン、アフリカンミックス、
誇張されたラッフル、リコンストラクション。

「リコンストラクション」は、
「服の構造を一旦分解して、再構築したデザイン」らしいです。

さて。

カラー動向に関しては、4つ紹介知れてます。

1、ピンク、ベージュ

ベビーピンクはシェルピンク、フレッシュピンクなど
明度の高い(明るい)ピンクが目立つ。

ベージュ系は、
ベージュからミルクブラウンまで幅広い。

2、グレー、ホワイト、セージ&イエロー

明るめのグレー、白のモノトーンに
青磁色やイエローのアクセント。

3、ラベンダー、ブルー、シルバー

明るいブルー系、シルバーにラベンダー。

今シーズンは高明度(明るい)の淡いトーンがトレンド。
スカイブルー、水色、白藍色など。

4、ブライト・ミックス

ブライトカラー(爽やかな印象の色域)を
取り入れたコーディネート。

今シーズンは白やペールカラーを加えることにより、
軽さが加わった配色になっている。

ふむふむ。

ピンク系はやや色みが濃くなったようですね。

ベージュ系は色域も広がり、変わらず人気ですな。

写真を見ると、
全体的に軽く爽やかな色調が多いようです。

「春夏っぽい」感じがします。

ご参考までに。

ではでは。

あ、
明日はヨーロッパコレクションのご紹介をします。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「『幸せ』価値観」
今日はお知らせした通り、
2018年春夏向けのアップデートカラー。

メンズバージョンです。

2018SSアップデートM20180416

ポイントは、
「ベースカラーとなるブラウン、
サマーダークやクリーンなカラー」

「混沌とした世界情勢や先行き不安の拭えない時代にあって、
人々が目指すべき新たなる『幸せ』価値観をイメージ」

「その『幸せ』価値観を楽しもうとするもの」
という提案内容になっているそうです。

具体的なカラーパレットは、
5つ提案されてます。

1、ブラウン系

今シーズンのベースを構成するグループ

2、エスニカルなファッションイメージ

サマーダークがキーワード。
オレンジ系カラーがアクセント。

3、上質なカラーグループ

ヨーロッパの高級海岸線リゾート地域。
高明度、高彩度をベースとしたマリンカラー。

4、サマーペールカラー

注目の光の効果を表現。
イエロー系、ライトグレー系に注目。

5、スポーツムード

光の効果がもたらすカラー変化に注目。
ブラキッシュカラーも存在感を増す。

ふむふむ。

レディースと比較すると、
色みに偏りが見られますかね。

ピンク系、マゼンタ系が入ってないですな。

3番に入っている冴えた赤、
美しいですね。

男性の赤、個人的に結構好きです。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
鮮やかなオレンジ。
今日はトレンドカラーのご紹介。

先日、2018年春夏向け、
プロダクツ&インテリアカラーの
アップデート版をご紹介しましたが。

今日は同シーズンのレディースウエアです。

2018SSアップデートL20180415

ポイントは、
「スキンカラーなどのニュートラルカラー、
澄んだ空気のようなカラー」だそうです。

「2017年、
鮮やかな黄色やマゼンタ、
冴えた色調のマルチカラーのワンピースなど、
カラーを積極的に楽しむ人たちが目についた。

一方、
柔らかな色調のベージュ、ブラウニッシュピンクの人気は
長いトレンドになっている」

続く2018年春夏に関しては、
4つのカラーパレットで説明しています。

1、ジェンダー・ニュートラル

柔らかな調子のスキンカラー。
ピンク系、グレー系の提案が多い。

2、セルフウェア

寒色系の暗い色調を基調にしたカラーグループ。
緑みの青、光干渉効果のあるグリーン、
深い赤に注目。

3、エア・キャップ

春先の光を感じさせ、
澄んだ冷たい空気を想像させるカラー。
淡い色調のカラーグループ。

4、リミットレス

パワフルで華やかな色。
コレクションで人気の鮮やかなオレンジを追加。

なるほどー。

そーいえば。

2017年の夏、
鮮やかな色調が目につきましたなー。

この色調に出会うと、
思わず買ってしまうという、いつもの行動。

マゼンタ(赤紫)、黄色、赤系が多かったかな。

2018年春夏は、
鮮やかなオレンジを加えれば、バッチリですかね。

ご参考までに。

さて。

明日はメンズのアップデート版をご紹介します。

ではでは。
明日もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「高揚」と「鎮静」
すっかり春らしく、
というか暑いくらいになりましたね。

気温差が大きいので、
体調管理には注意したいところ。

そんな中、
今日は2018年春夏向けのトレンド情報のご紹介。

プロダクツとインテリアの、
アップデートカラーです。

2018SSアップデートプロダクツ20180404

「アップデートカラー」は、
シーズン直前に発表される提案色。

実シーズン2年前に発表される提案色を元に、
その後の世間の動きとか、
流行の流れを加味して提案されます。

カラー動向のポイントは。

「心身を高揚させる効果がある色調と、
心身を鎮静させる効果がある色調が重要」

「鎮静効果は、高明度低彩度色と、
懐かしさを感じさせる色調、質感表現」

そして。

「誰でもない自分自身に戻るための色」

「神経や細胞に爽やかな、心地よさをもたらす色調」

とのこと。

あ。

「高明度低彩度色」は、
明るさがあって、淡い色のこと。

例えば青で言えば、
がっつり青じゃなくて、薄い空色みたいな色調のことです。

カラーパレットは3つ提案されてます。

1、アスリート

奥行きを感じさせる深い青緑、
躍動感を与えるオレンジとイエロー、
爽快感を表現するブルー、
全体を引き締めるダークグレー。

2、ニュートラライズ

爽やかなミントグリーンに注目。
透明感のある表現。

3、プリミティック

懐かしさ、穏やかさを感じさせるための色。
緑味のグレー、黄味寄りの、灰色がかったブラウンに注目。

ふむふむ。

色味は濃いめで、
深みのある、落ち着いた色調が多いですかね。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード