*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
2018年春夏メンズウエア
先週に引き続き、
トレンドカラーのご紹介。

2018年春夏向けのメンズファッションです。

2018SSメンズ20170724

全体テーマは「プレイ・フォー・ピース」

「混沌とした世界情勢や先行き不安の拭えない時代にあって、
人々が目指すべき新たなる『幸せ」価値観をリードイメージ」

「その『幸せ』価値観をポジティブに楽しもうとするもの」

ふむふむ。
レディースウエアの「ユートピア」とも、
似通ったところがありますな。

時代性といったところでしょうか。

カラーに関しては、
4つのグループで解説されてます。

1、ドルチェヴィータ

映画「ラ・ドルチェ・ヴィータ」に代表される
1950年代のイタリア・ローマの上流階級のファッションイメージ。
上質感、洗練感がありながらもナチュラルな雰囲気。

濃淡にあるナチュラルなブラウン系。

2、トライバルビーチ

古き植民地時代固有の土着的なカラーニュアンスと、
洗練され上質感のあるイメージ。

ブライトでダークなオレンジ。

3、ラビエラシック

ヨーロッパの高級海岸線リゾート地域を舞台とした
上質なマリーンカラー。

クリーンでエアリーなサックスブルー。

4、イージーテックスポーツ

ハイテク素材によるエアリーでケミカルなカラーニュアンスと、
天然表情を見せるメランジュ感。

ネオンカラーとエコロジカルグリーン。

なるほど〜。

先日ご紹介したレディースファッションと
似たようなところもありますかね。

ダーク系のカラーは共通のようですな。
ブラウン系も入ってますしね。

ご参考までに。

さて。

全く関係ないけど、昨日はアルバイトの日。

疲労度が激しいので、ご飯は作らず、
もっぱら外食もしくはお弁当(笑)。

昨日のお店、初めて行ったけどよかったなー。

定番の定食屋さんが混んでまして、
道反対側にあるお寿司屋さんへ移動。

面白いことに、前のお客さんも同じ行動してまして(笑)

どーかなーと思ったけど、なかなかでした。

サラダをつまみにビールで乾杯。
そして刺身定食。

サラダ20170724

刺身定食20170724

サラダも刺身も、かなりのボリューム。
やはりグンマーだと量が多いのぅ。

刺身の中に「明太子」が入ってたのは驚きましたが、
ふふっ、面白い。

お腹いっぱい。
ごちそうさまでした。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

ビール20170724


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2018年春夏レディースウエア
3連休だった方も多いですかね。

私の方は通常営業でして、
相変わらずバタバタとしております。

そして、
ブログもゆるーく更新(笑)。

さて。

今日はトレンドカラーのご紹介です。

2018年春夏向け、
レディースファッション。

2018SSレディース20170718

全体テーマは「ユートピア」

「不安に覆われ、揺れる世界で、
人々に求められる理想郷『ユートピア」をイメージ」

「拠り所の無い時代だからこそ、
色の力を存分に活用したい」

そうですね。

災害もありますし、テロなんかも耳にする時代。
漠然とした不安感を抱いていてもおかしく無いですよね。

安心感を求めるもの、ごく普通かも、です。

そして。

「一方で、
何かポジティブなパワーや突き抜けた楽しさがあったらと思ったりもする」
との解説。

暗くなてばかりでも仕方ないですからね。

少しでも元気が出るように、
色のエネルギーを活用したいところですな。

きになる提案色ですが、
今季のカラー提案は4つのグループで解説されてます。

1、ジェンダーニュートラル

性別を超えた新しい中性的ニュートラル。
ベージュを中心としたスキンカラー。

2、セルフウェア

自分自身の場所や、自分が身につけること、モノの意。
民族性や地域、クラフト感覚など。
ダークカラー中心。

3、エアキャップ

済んだ空気や自然の植物、光に満ちた風景。
軽く優しいペールからライトカラー。

4、リミットレス

沈んだムードを吹き飛ばしてくれるような、
鮮やかで華やかなカラー。

なるほど〜。

先日ご紹介したインターカラー(国際流行色協会の提案色)で見かけた強めの色は、
レディースファッションには入っていませんね。

ファッションに取り入れるまで、
少し時間がかかるのかしら。

ここ数年提案されていたグレー調の色調が少なくなり、
ベースカラーはブラウン系に移行するのかな。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
イエロー、オレンジですかね。
先日に引き続き、
トレンドカラーのご紹介。

2018年春夏向けの
海外トレンド情報です。

2018SS海外トレンド20170713

全体傾向としては、
「明るいトーン中心」
「有彩色系が増加」
「大胆な配色」だそうです。

ふむふむ。

「大胆」というキーワードは、
日本流行色協会の提案とも一致してますかね。

国内も海外も、
トレンドは似たような感じで推移することも多いですからね。

「意表をつく大胆な配色」が、
共通ポイントのようです。

次に、
個別のポイントカラーに関しての解説をご紹介します。

1、ペール、ライトカラー

色みに偏りはない。
ロマンティックなパステルというより、
デジタルや光のイメージ中心

2、ベーシックカラー

グレーやベージュはペール、ライト等の明るい色との組み合わせ
グレイッシュなブラウンが増加

3、マルチカラー

多彩な色相、トーン。
高明度色やメタリックカラーのアクセントも重要

4、ディープ、ダーク

サマーダークも継続
明暗コントラストにて

5、イエロー、オレンジ

イエロー系の提案が最も増加
ビビッドオレンジも人気

6、グリーン、ブルー

グリーンはブルーグリーンへ、
ペール、ライトが中心。
ブルーはペール、モデレート、
クールムードのグループを

7、パープリッシュカラー

ペール系が増加
ビビッドパープリッシュレッド、ペールパールが増加

なるほど〜。

注目色はイエロー、オレンジですかね。

定番のグリーンは青みがポイントで、
パープル系は色調がポイントのようです。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
2018年春夏インターカラー
今日はトレンドカラーのご紹介。

2018年春夏のインターカラー情報です。

2018SSインターカラー20170711


インターカラーは国際流行色会議。
今回は中国上海で行われたようです。

各国代表からのコメントでは、
「何が起こるか分からない時代」
「激しく変わるさなか、従来の枠組みは通用しない」などなど。

そんな時代背景の中、
2018年の色彩傾向は、
「これまで設定されていた制限、境界がナンセンスに」
「揺れる時代を乗り切るために、強いパワーが必要」
「奇妙、奇抜、エキセントリックな物、人、デザインが登場」

その一方で、
「自然界に秘められた強さと儚さが注目される」
「詩情豊かな光と風に揺れる繊細な表現が注目される」
とのこと。

変化もありつつ、
変わらないものへの憧れもある、
そんなところでしょうか。

2018年春夏のテーマは、
「Shaking The World(揺さぶられる世界)」

カラーグループは4つ設定されてます。

1、ヒューマニア

ダークカラーとディープカラー主体。
人と人との関わり合い、
人と生き物との関わり合いの中で生まれる文化、交流を
想像させる温かく深い色。
自然風景に見られる色。

2、ハイパーバリ(誇大表現)

色の鮮やかさをエキセントリックに、大胆に、
誇張した表現を作るためのカラーグループ

3、パーフェクト・インパーフェクト(完全な不完全)

人の身体に見られる色とデジタル信号をイメージさせる色とで
組み合わせることを表現

4、タフ・バット・フレイル(タフだが儚い)

強さと弱さを併せ持つ表現

ふむふむ。

春夏に暗めの色調が提案されるのも、
違和感がなくなってきましたかね。

以前は「サマーダーク」と言っていた気がします。

逆に、秋冬にパステル調が提案されることもあり、
こちらは「ウインターパステル」

ファッションで季節感表現するというもの、
少なくなってきましたかね。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
ローマ字で「暴走族」
今日はトレンドのご紹介。

2018年春夏の、
ニットヤーン、ファイバーの展示会情報です。

2018SSピッティ20170704

展示会は、
「ピッティ・インマージネ・フィラフィ」

イタリアのフィレンツェで開催されます。

今回のテーマは、「旅する心」

「日常を離れて、
自由な妄想や行動を大事にするコスモポリタン、
ロマンチシズムがテーマ」だそうです。

提案されたカラーは、
9つのグループ、42色だそうで、
「会場は光り満ち、春爛漫のようなまぶしさだった」そうです。

ほほぅ〜。
華やかだったんでしょうね〜。

機会があれば、一度お邪魔してみたいところ。

さて。

注目点としては「機能向上」

「天然糸はもちろん、人工繊維とのミックスで、
さらに機能と美しさを改良している」。

また、
「日本の和紙を原料とするヤーンが発売されるなど、
各社新素材の開発に力をいれている」とのこと。

なるほどですね〜。

面白いと思ったのは、トレンドコーナー。

マネキンさんが展示されているようですが、
なんと、
ローマ字で「暴走族」
と書かれていたそうです。

うーん。
意味を知ってて使っているとは思うのですが。

解説では、
「日本の伝統文化と現代の喧騒のギャップを暗示」と締めくくられてまして。

へー、そーなんだ、
な感覚。

ふふっ。
ちょっと面白い。

さて。

ご紹介してきたトレンド情報ですが、
やっと春号が終わりました。

次回から「夏号」になります。

のんびりですみません。
またゆるーくお付き合いくださいませ。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード