*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
こういうの、好きなのかな。
早いのぅ、もうそんな季節か。

甥っ子(旦那方)からもらった京都土産。
修学旅行だそうです。

中身20170626

そうだな。
グンマーからだと京都が定番かな。

あれ?
中学だよね?
私は東北だった気がする。

ま、時代も変わるし、
学校によっても様々ですな。

包装紙20170626

包装紙、かわいらしい〜。

こういうの、好きなのかな。
それとも、たまたま?

ふふっ。
ちょっと考えちゃう。

この時期っぽい、あじさいのイラスト。
今の季節、花盛りですよね。

赤系や青系などなど、
いろんな色がありますよね。

実は。

あじさいの花、ちょっと苦手でして。

庭に植えるよう勧められましたが、
そのままにしてます。

日によっては、
鮮やかな色に負けそうな感じがしてまして。

あ、でも。

白いあじさいは好きです。
凛としたところがいいのかも。

だんだん蒸しっとしてきましたからね。
体調崩さないように注意したいですね。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
やはり「微量元素」か。
今日は久しぶりに宝石の勉強。
かなり空いちゃいましたね〜。

今日は、
「スピンネル」についてご紹介します。

宝石スピンネル20170623

あまり聞かない名前ですが、
長い間ルビーだと思われていたそうで、
「スピンネル」という名前が普及したのは、
この200年あまりだそうです。

ルビーとの色みの違いは、
ルビーは「紫がかった色」
スピンネルは「真紅」だそうです。

ルビーの人気が高いため、
高品質のものでもスピンネルは割安感があるようですな。

スピンネルは「尖晶石(せんしょうせき)」

ダイヤモンドと同じ八面体の結晶で算出されることもあり、
「無処理のままで美しい色を持つ」そうです。

ダイヤモンドやサファイヤ同様、
スピンネルも様々な色がああるようです。

この色は、
「さまざまな微量元素の混入によって」決まるそうです。

この「微量」が与える影響というか差というか、
自然ってすごいなーと、
毎回思います。

さて。

宝石に興味を持ち出すと、
他の方が身につけているジュエリーにも興味津々。

知り合いのお店手伝い中、
気になるんですよね、
お客様のジュエリー。

実生活でも色々勉強させてもらってます。

シンプルな服装でも、
キラっと大きめのジュエリーを身につけていたりすると、
途端にオシャレ感が増す気がする。

当然の話ですが、
ジュエリーにも、
デザインによって似合う、似合いにくいってのがありますな。

石自体も大事だけど、
ジュエリーのデザインも大切ですな。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※抜粋書籍
『宝石図鑑』「諏訪恭一著」ナツメ社
『鉱物、宝石のすべてがわかる本』「下林典正、石橋隆監修」ナツメ社
『美しい鉱物』「松原聰監修」学研プラス

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
特徴的な形。
暑くなってくると、
無性に水ようかんが食べたくなり、
勢い余って、ようかんも好きになる(笑)。

この時期にありがたい頂き物。

中身20170622

ようかんの詰め合わせですかね。

しっかり箱入りの個包装。
きっちりな感じです。

淡めの色使いと、濃いめの色使い。
オンオフな感じがいいですな。

「栗」のイメージが面白い。

イラストもフォント(文字)も、
手の込んだ印象を受けます。

箱20170622

箱はブラウン系の濃淡。

この形を見ると、
「栗」だと分かりますな。

そう考えると、
「栗」って特徴的な形をしておりまする。

秋のイメージが強いけど、
1年中出回ってますな。

栗好きには嬉しい傾向。

包装20170622

包装紙は、
薄めブラウンに、赤と緑。

ほっこり落ち着いた色調です。
やっぱ秋っぽいですかね。

この色調は、和風っぽい印象にもなりますので、
簡単便利な色域です。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
柔らかい中にも、ビシッと。
週末は糸かけ曼荼羅講座。
今回も素敵な作品ができました〜。

0618糸かけ作品20170621

0618糸かけ作品アップ20170621

色んな色が入ってまして、
バランスのいい仕上がりになりました。

色選びは、
かなり迷われていた様子。

「好きな色」といっても、
大人になると特に、なかなか難しいですよね。

色を選ぶ前に、
色の組み合わせとか仕上がりとかを考えちゃいますからね。

自由に、好きに色選びをするまでには、
ちと時間がかかります。

受講された方は、
グリーン系の色がお好きということでしたが、
黄色とかピンク、ネイビーも入りました。

柔らかい中にも、
ビシッと締まり感のある出来上がりです。

楽しんで頂けたようで、良かったです。

さて。

イズカルチャーさんで開催させて頂きました、
こちらの糸かけ講座(1日コース)ですが、
日程の決まっているものは、
今回で最終。

次回以降は、
またあ日程打ち合わせをしてからの決定となりまする。

決まったら、またお知らせさせて頂きます。

いやー。

知り合いのお店の手伝いもありまして、
かなりいっぱいいっぱいの毎日でございます。

そんなに多くはできないかも、ですので、
興味ある方はお早めに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

イズカルチャーセンターさん




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「オン」「イン」などなど。
今日は配色のお勉強。

流行色協会が発行している季刊誌「流行色」。

主にトレンド情報が掲載されているのですが、
珍しく「配色事典」が載ってました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
復習の意味もありなので、
ご紹介します。

配色トーンオントーン20170619

1、トーン・オン・トーン配色

色みを統一させ、トーン(色調)を変化させた配色。
同系色の濃淡の組み合わせ。

写真はひまわりの花が出てますな。

黄色い花びらと、
中央の種に見られる茶色濃淡の組み合わせ。

2、トーン・イン・トーン配色

1番と紛らわしいですが、こちらは「イン」です。

トーンを統一し色みは幅広くした配色。

商品の多色展開などでは、
一定のまとまり感を持たせるために活用されることも多い。

3、トーナル配色

中明度(中くらいの明るさ)、
中彩度(中くらいの鮮やかさ)の濁色系を使ったトーン・イン・トーン配色。

落ち着いた色合いで、和風なイメージ。

4、コントラスト配色

色の差の大きい組み合わせ。
色み、明るさ、鮮やかさなど。

これは飲食でよく見かける配色ですね。

イチゴパフェのイチゴの上に、
ミントの葉っぱを添える、というもの。

赤と緑の色みコントラストです。

5、カマイユ配色

カマイユはフランス語で単色調のこと。
ほぼ同一の色相での組み合わせ。

6、コンプレックス配色

これはちょっと説明が長い。

自然の風景の中で、光が当たっているものは黄みに見え、
日陰にあるものは青みを帯びて見える。

配色で、明るい色が黄みよりに、
暗いものが青みになっていると違和感がない。

どうです?
そう思います?

身近な木とか葉っぱを観察してみると、
分かりやすいかも。

そして、コンプレックス配色というのは、

あえてこの自然の見えに反する配色。

明るい色が青み、暗い色が黄みより、
という違和感のある配色をコンプレックス配色と言います。

私たちは、
見慣れたものにも目がいきますし、
見慣れない、違和感を感じるものにも、
同じように注目してしまいます。

珍しいもの、新しいものに、
注目してしまうんですね〜。

ま、人間心理を考えた配色とも言えますかね。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード