*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
ががーん(-_-)
ただいまパソコン不具合により、
ブログ更新ができなくなっております。
復旧まで、
しばしお待ちくださいませ(-_-)
スポンサーサイト
濃い色と淡い色。
のんびり開講させてもらってます、糸かけ曼荼羅。

今日は、
先日受講された生徒さんの作品をご紹介します。
(あ、許可は頂きましたよ)

正面20170525

こちらが出来上がった作品。
美しいですね〜。

濃い色と淡い色、
暖色と寒色と中間色。

色のバランスがステキですね。

講座は5時間程度で設定させて頂きましたが、
かなり進捗が早く、
短めの時間で完成となりました。

すばらしい〜。

普段から細かい作業をされている方でしたので、
慣れてらっしゃいますな〜。

横20170525

横から見ると分かるのですが、
トップの9色目も完成されてます。

ちょっと驚きなのが、
1度も間違えずに、終了したところ。

糸をかける場所を間違えると、
ほどいて最初からになるので、
ここで時間を使ってしまうのが多い。

ちなみに私は何度も間違えてます・・・。

他の方の作品を見せて頂くと、
とても勉強になりますな。

今回も楽しい講座となりました。
ありがとうございました。

さて。

次回は、
6月18(日)となりますので、
軽く告知(笑)。

今のところの予定は、次回で終了。
(その後は未定)

興味ある方はぜひ^^

「糸かけ曼荼羅」講座

板に釘を打つところから始め、
ある規則に従って釘に糸をかけていきます。

一見難しそうに見えますが、やることはとても簡単。

カラフルな色に癒されながら、
美しい糸かけ曼荼羅を作成する講座です。

日付:6月18日(日)
時間:10:30から16:30(60分休憩あり)
場所:イズカルチャーセンター
(伊勢崎市中央19-1ベイシアIS伊勢崎店4F)
受講料:6500円(材料費込)

詳細、申込は、
イズカルチャーさんまで。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

イズカルチャーセンターさん




※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「カラーメタリック」が新しい動き。
今日はトレンドカラーのご紹介。

2016年カラートレンド年鑑、
家電製品の動向です。

2016年鑑家電20170524

全体傾向としては、
「洗練されたホワイトとブラックが中心」

「それに次ぐ色として
上品なブラウンとゴールド」

解説によると、
「近年の主要な家電瀬品では、
機能的には充分なものをもち、
かつリーズナブルなものが多くなった」

「スタイリッシュで上品な印象を与える色づかいが多く、
シンプルなフォルムとともに、
ホワイト、ブラックなどの色合いが主流」とのこと。

なるほど〜。

「上品」というのがポイントですかね。

性能も向上してますからね〜。
ますます上質な感じに移行するのかしら。

さて。

各色別の解説を見ていきますと・・・。

1、ホワイト、ブラック

洗練されたデザイン志向
上質感、高機能性などをかもし出す。
グレーの展開も見られる。

2、ブラウン

室内空間で木材やナチュラルカラーが好まれており、
それらにマッチしやすい。
高級感のあるダークブラウンから、
ピンクみのブラウン、
マットな質感のブラウンなど様々。

3、ゴールド

ホワイト、ブラックに次ぐ色。
シャンパン系が中心。
ホワイトとの組み合わせも多い。

4、カラーメタリック

新しいカラー表現として、
色みの入った金属管のある色が注目される。
インテリアで人気のカッパー(銅色)や
グリーンみのメタリックなど。

ふむふむ。

「カラーメタリック」が新しい動きですかね。

ギラギラすぎず、
ほどよい金属調でしょうかね。

ご参考までに。

そーいえば。

先日電気ケトルを買いに行った際、
ホワイトとブラックの展開色が多かったですな。

ピンク系とかベージュ系をお目当てに出かけていきましたので、
うーん、という感じでした。

数年前に、「おまけ」で頂いた電気ケトル、
ついに寿命を迎えたようです。

長い間、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

ではでは。
次回もお楽しみに。
※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
「ミルク・アンド・ハニーカラー」
続けております、宝石の勉強。

今日は、
「キャッツアイ」についてご紹介します。

キャッツアイ20170523

キャッツアイは、
「猫目石」とも言いますよね。

「光を当てると
縦に一条の引き締まった線が出ることから、
名付けられました」

この効果を、
「シャトヤンシー(キャッツアイ効果)」と言うそうです。

高級品質は、
「濃すぎず淡すぎずな色み」

「『ミルク・アンド・ハニーカラー』が現れる」とのこと。

「ミルク」は光源から遠い方の色みで、
「半透明なミルキーに見える」。

「ハニー」は、
光源に近い方の色みを指すそうです。

何だか、
おいしそうな、
かわいらしい言い方ですな。

キャッツアイは言い伝えも多く、
「東洋では目と目の間に額に押しつけると
『先見の明』が得られる」

「スリランカでは、
『悪魔から身を守る石」と言われてきたそうです。

ふむふむ。

男性の指輪やネクタイピンなど、
男性の装身具に使われたことも多かったキャッツアイ。

そーいえば、
ご年配の男性が使う装身具に、
たまに見かけた気もします。

きらっとした光り方じゃなく、
ほわーんと柔らかく光るので、
上品な印象ですよね。

なんでだろーと素朴な疑問でしたが、
こんな歴史的な背景もあったんですね〜。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※抜粋書籍
『宝石図鑑』「諏訪恭一著」ナツメ社
『鉱物、宝石のすべてがわかる本』「下林典正、石橋隆監修」ナツメ社
『美しい鉱物』「松原聰監修」学研プラス

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
黄みのある白に、ターコイズ。
おお、爽やかですな〜。

箱20170522

黄みのある白に、ターコイズ。

明るめの2色で、色みの差が大きい配色。

これだけ差があると、
ぼんやりした印象もなく、
視覚的にも見やすいかな。

きりりとすっきりした色使いですな。

そろそろ湿度が高くなってきましたからね。

配色だけでも清涼感を味わいたい。

色によっては、
体感温度が2度違うらしいですよ。

むしむしした季節も、
色を上手に使って過ごしたいですな。

中身20170522

中身もすっきり2色。

びしっと整列もすがすがしい。

こちらの個包装の違いは、
味の違い。

ブラウンチョコとホワイトチョコ。

濃厚さといより、
さらっと軽い味に感じますな。

あ、濃厚さを押し出すなら、
深めの茶色、赤茶などなどがオススメです。

黄色系の茶色は、
味を薄く感じさせることもあるので、ご注意を。

ご参考までに。

ではでは。
次回もお楽しみにー。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
PR
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード