FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
そーいえば。
そーいえば、先週は七夕でしたね。

みなさん、短冊には何を書きました?

さて。

そんなあまーい雰囲気の中、ちと怖いお話。

表紙20190715

七夕20190715

最近読みだした本。

ちとリアルすぎると言うか、なんと言うかで、
読んでは休みの繰り返し。

なかなか先に進みませんが、
「七夕」に関しては読んだので、ちとご紹介。

出回っている七夕のイメージは「曲解」で、
「伝説はもっと現実的で、残酷」なんだそうです。

「織姫は来る日も来る日も労働を続け、
若い身であるのに外見に気を遣うこともしない」

「不憫に思った天帝」が結婚相手を探し、
見つけたのが「彦星(こちらも勤勉)」

2人は結婚すると、
「互いに夢中になるあまり仕事を放棄」

「怒った天帝はふたりを引き離し」、
天の川で「会えないようにした」

「嘆き悲しむふたりに天帝は言う」

「もとのようにしっかり働くなら、
年に一度だけ会わせてやってもよいぞ」

と、ここまでが伝説の話。

そして解説は続く。

「社会性を失った男女がそもそもの問題」

「悲恋でもなんでもなく、自業自得」

「恋心を利用して労働を強いる神からは、
時の為政者や、ブラック企業の匂いさえする」

うーん。
なるほどー。

言われてみれば、そうですな。

この本の著者は「火田博文」さん。

いやー、冷静な方ですなぁ。

七夕の他にも、
正月、初詣、衣替えなどなど色々なことについて解説があります。

ご興味あれば是非。

ではでは。
次回もお楽しみに。

「本当は怖い日本のしきたり」
火田博文著
鮮図社

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
「願いを込めて」
今更ですが、年号が変わりましたねー。

買い物とか飲食では、
「特需」が起こったと聞きまする。

日本流行色協会さんでは、
「令和慶祝カラー」が選定されました。

令和カラー20180714

選定されたカラーは、
「梅」「菫」「桜」の3色。

「桜」は、少し青みを感じる穏やかなピンク系。

「菫」は、暗めの紫。

「桜」は、淡い淡いピンク系。

「春の訪れを知らせる日本の代表的な花にちなんで選定」

「自然の美しさを愛でる穏やかな日々が未来永劫続くよう、
願いを込めて」とのこと。

そーですねー。

そうありたいもんですねー。

「願いを込めて」色を選ぶって、素敵ですなぁ。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
ファッションブランドのような。
「エイガールズ」

名前だけ聞くと、
ファッションブランドのような印象ですが、
実はテキスタイル屋(服地メーカー)さん。

毎年パリで開かれる世界的な服地見本市にて、
グランプリを受賞されたようです。

見本市は、
ブログでもご紹介してます「プルミエールヴィジョン」。

この「エイガールズ」さんは、日本のメーカーさん。

まさに、
「メイドインジャパン」ですなぁ。

今日は季刊誌「流行色」の特集記事。


「独創的な素材と、
スローインダストリーでつくる
エイガールズの挑戦」です。

エイガールズ20190713

株式会社エイガールズは、1972年設立の和歌山の会社。

ものづくりのポイントは。

1、「素材」

同じ機械で同組織にかけても、
素材の選び方、機械の使い方、糸取りの違いで、
全く違った製品になる。

2、「消費者の望むものと作るものが乖離しない提案力」

衣食住に趣向や生活スタイルの遊を加えて倣う。
市場や生活様式を調査する。

3、「アナログの『スローインダストリー(造語)」

大量生還から、付加価値をつけた味わいのある製品へ。

なるほど。

特に3番に関しては、時代の流れを感じます。

「スロー」という言葉も、
かなり一般的になりましたしね。

全てがのんびりになるといいなーと思ったりもする(笑)。

さて。

エイガールズさんの具体的な取り組みは、というと。

1、多品種小ロットで高付加価値の製品を輸出

2、美術館や市場調査、読書、写真などによる、
 インスピレーション

3、こだわり素材の定番

4、原料や糸へのこだわり

5、独創性豊かな「ブラックライン」

真似できない、
希少価値のある独創的な素材の製品ライン。

シャネル、ルイヴィトン、ディオールなどが使用。

6、営業からの要望を企画へ反映

7、強い信頼関係に基づく協力工場

ふむふむ。

「こだわり」に関して、
できる限りの全力な感じがしますね。

ここに至るまで、かなりの苦労が予想されます。

すごいなーと思ったのが、生産性のところ。

協力会社の1社で使っている「吊り機」。

通常の「高速丸編機」は1回転で24コース編めるらしい。

が。

「吊り機」は2コース。

単純に考えると、生産性が8割以上も減少。

うーん、普通できないよなー。

このこだわりが、
来場者の「ワァー!柔らかい!」の感嘆に繋がるんだな。

(製品を手に取る来場者の反応。ぜひ体験してみたい!)

そうは言うものの、と感じるのは、
会社勤めでは特に強く思うところ。

サラリーマン復帰から2ヶ月の私も、
強くつよーく感じる日々です(笑)。

さてさて。

ご紹介してきた「春号」ですが。
今回で終了となります。

次回から「夏号」をお届けします。

ではでは。
次回もお楽しみに。


※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
うまなお菓子。
先日社員旅行に行ってきた旦那さん。

「うまな(美味しい)お菓子」をお願いしたら、
やはり「赤福」でした。

中身20190707

つやつやで美味しそうです〜。

賞味期限が短いため、
早速いただきました。

中身は、一番小さいサイズで8個入り。

二人暮らしには、ちと多いですが、
おいしく完食しました。

原材料見ましたが、
余計なものは入ってないんですねー。

なるほど。

賞味期限が短いのも納得です。

箱20190707

箱はオフホワイトに、グレー系の色使い。

優しい感じがしますな。

イラストは、
いかにも「お伊勢」な雰囲気。

昔から続いてるんだなー、
手作り感もあるなー。

包装紙20190707

包装紙は、全面ピンク系。

白系でも良さそうな印象ですが、
この色使いにも何か意味があるんでしょうなー。

あるいは、何か歴史的なこととか。

いいなー、お伊勢。

そのうち行きたいなーと思いつつ。

方位が「吉」に入ったら行けるかな。

あ。

泊まりとなると、ニャンズのことも考えないとなー。

ちなみに方位で言うと、
旦那さんは「凶方位」へ社員旅行(笑)。

「あまり地のものは食べるなよー」とか、
「お金はあまり使わないようにね」などとご忠告致しました。

ま、無事に帰ってきて一安心です。

お留守番となった私、
ニャンズといちゃいちゃ放題で、ゆっくりくつろぎ時間です。

たまにはいいかも。

ではでは。
次回もお楽しみにー。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
ストリートで「旬なカラー」は。
今日はストリートファッションのご案内。

暑さ厳しくなってきましたが、
2018年「冬」の傾向。

これで今年の秋冬の流れを読みまする。

2019Wストリート20190706


全体傾向は、「SNSを通した新しい価値観に注目」

最近の傾向は、
「アウターでボリュームを出し、
インナーやボトムスをコンパクトに合わせる」らしい。

「大手ファッションブランドの投稿が影響するなど、
SNSの効果は益々強まっている」そうです。

アイテム別の解説は、4つ特集されてます。

1、ファーティペット

ストールと違って短いものが多く、
首元やバックにも簡単に巻ける利便性が高い。

あ、「ティペット」で、
素材が「ファー」ってことなのね、ふむふむ。

2、レオパード

アニマル柄の代表格「レオパード(ヒョウ)」
スカートやスカーフが多い

3、パープル

ストリートで一番の旬なカラー。
カラーバリエーションも様々。

4、ダウンジャケット

トレンドアイテムとして大復活。
「ショート丈」「ボリュームダウンがマスト。

なるほどー。

「パープル」いいですよねー。

好きな色です。

そーいえば、最近はあまり見かけなくなったかな。

赤みパープルは色っぽい印象に、
青みパープルは上品なイメージになります。

ぜひご活用を。

ではでは。
次回もお楽しみに。

※更新の励みになりますので、クリックお願いします!!
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

shioon

Author:shioon
村山紫音(むらやま しおん)
カラー&コミュニケーション
アドバイザー

AFT1級色彩コーディネーター
東商1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
日本色彩学会正会員
一社)マンダラ・ユニヴァース
クリエーター協会
プラクティショナー

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード